ひなたぼっこ

一日、一日の中で 幸せだと思えることを一つづつ増やせますように。。。

music

音楽の秋

この頃、ちょっと土日に暇な時間があり、読書も普段よりは進んでいます。そういえば今年の目標は、実は「赤毛のアン」を10巻読破だったのです。たかだか10巻、されど10巻、現在の状況は5巻目の半分です…しかも英語の本まで買ったほどの気合の入れようだったのに、こちらはもちろん新品のまま(苦笑)寄り道もしました…赤毛のアン10冊読破までに5冊は寄り道してしまっている気がします(重松さんの本やゾウの話とか…どれもまた夢中になってしまう本ばかり)…今年も残り2ヶ月、時間があればアンシリーズ、読みます(言い切った?!)

で。先月のことに戻ってしまうのですが、書いておきたいことがあったのでUPします(音楽をテーマに。自分が行ったコンサートのことで。。。音符

一つ目は、10月9日にNHKのチャリティーコンサート→へ母と2人で行って来ました(このために会社を早引きして?!あくまでも年休はとらずに…)。
身体障害者のためのスポーツ用車椅子を贈る為のチャリティー事業でした。広島交響楽団のオーケストラをバックに馴染みの演歌歌手が歌われました。実は、「徳永英明さん」もこのチャリティーコンサートに参加されていて、彼を見るために行ったんです(恥)9月に徳永さんのコンサートチケットを電話予約で取れず、がっかりしていたところNHKのチャリティーコンサートが広島であり、しかも徳永さんが出ることを見つけ、1枚5000円のS席をゲットしましたv
「サンキュー」の堀内孝雄さん、森進一などNHKの歌番組では常連の方ばかりで、その中に徳永さんも出演されているのもびっくりだったんですが、実際見に行って、紅白歌合戦のミニ版?を見た感じでした。不思議なのですが、実際の歌声を聞くと、それまで特にファンというわけではなくても(失礼だけど)感動しました。初めに岩崎宏美さんが歌われたんですが、生で聴くと感激して泣けてしまいました(恥)
徳永さんは思った以上に声が通って、本当に素敵でした*^^*隣のお客さんも徳永さん目当てで来られている方がいて、母と話をしていました。

このコンサートは11月24日にNHKで全国放送されます。普段はおばあちゃんと食事する時くらいしかNHK歌謡番組って見てないんだけど…楽しみですvv
NHK歌謡番組、この頃は一人で見るときもたまに見るようになりました?!

もう一つなのですが、10月26日の日曜日。広島国際会議場のフェニックスホールで、近藤嘉宏さんの「ショパンリサイタル」があり、これもまた母と聴きに行って来ました。(思えば広島市での近藤さんのコンサートはいつもここであるような。。。)
近藤さんのピアノコンサートは過去に何度も見に行ってて(今年の3月も行ったし。通算5回目…譜面)やっぱり何度聞いても癒されます笑いショパンの馴染みの曲で幻想即興曲、革命、英雄で、陶酔。ノクターン(別名「遺作」。今ドラマの「風のガーデン」のエンディングになっている曲)もやっぱりすごい。
男の人の力強い音で、圧倒されました。


最後に、明日から1週間の仕事を頑張る自分に一言。

「自信を持って、しっかり仕事しよう。しんどい時は休んで、気合を入れる時は入れて、メリハリつけて明日も元気に出勤しようー(半分本音、半分キレイゴト!?)」

以上。

※速報
西武ライオンズが日本シリーズ優勝。おめでとうクラッカー

まいどっ!

先週の話なんですが、UPするのが遅くなりました。

4/4(金)に、「綾戸智恵 10周年ツアー」に行って来ました。→

以前、笑っていいともの観覧の時も、たまたまその時のテレフォンショッキングのゲストが綾戸さんだったりと、縁があったものの?!実際のコンサートを見に行くのは初めて。大変言いにくいのですが、コンサート以外の用事も済ませようということで(実際、年休は3月か4月の近いうちに取りたかったので)年休を取らせていただきました…(会社の同僚にはコンサートのことは言ってませんが、年休のことは了承済み。もちろん、月曜からは納期守って仕事しましたよ力こぶv←ちょっと言い訳がましい私走る

綾戸さんは、40歳からのデビューですが、常に笑顔で明るい、すごくエネルギッシュ。ピアノと歌も力強いっていうか、明るい笑顔が好きです。あと私個人的に「関西弁」の「○やから?」「○ちゃいます?」「あかんで?」という言葉も好き(笑)

トークがかなり面白い。音楽を聞きに来たつもりなのに、トークが結構多かった。正直音楽の方が聞きたかったのだけど、かなり爆笑してしまった。音楽ももちろんよかったけれど、とにかく楽しかった。

コンサートはベース、ドラム、ピアノ、ギターのセッションだったのだけど、アンコールでソロを2曲演奏されました。ソロは「愛の賛歌」を英語で歌われていました(もう1曲は曲名を忘れてしまいました…また分かったらUPします)。コンサート、セッションももちろんいいけれど、ソロの演奏は完全に綾戸さんだけの音楽になるので、やっぱり違うなぁ…個人的にはやっぱソロ演奏が好きです(笑)アンコールの時に会場全体が暗くなり、綾戸さんとピアノだけがライトアップされたのですが、曲がしっとりした感じなので、雰囲気に浸れた。

アンコールの前にかなりの爆笑話がたくさんあって、綾戸さんのスポンサーのことで
「私もシャンプーやダイヤのCMに出れたらええのにと思うんですが。。。」
とTSU○KIの某CMのマネ?をされたり、会場が爆笑の嵐。2f586112.jpg



綾戸さんのジャズコンサート、ずっと座って聞く感じで、席を立つことがなく、手拍子したり、ゆったりした気持ちで楽しみました。クラシックともポップスとも違う、ちょうど中間のような感じ。で、トークが面白かった(笑)

ジャズってオリジナルもあるだろうけど、大抵がアレンジなんですよね。元々の曲(テネシーワルツとか愛の賛歌もそうだし)を独特にアレンジしていくっていうのが、私はいいなぁと思う。

まだまだジャズのことはよく分からないんですが、音楽をアレンジしていくことって面白いと思う。
綾戸さんのコンサート、本当に楽しかったです。これからも10年、20年、と長く続いて欲しいなぁ…
アンコールの前に、
「今日の演奏は明日への予行演習」
って言葉を言われていて、いいな、と思った。

最後に。今回の演奏も広島厚生年金会館であり、その日はちょうど平和公園で桜が満開でした。

癒された1日

平日の木曜日というと、私自身が一番しんどい日となっているような気がする、今までの経験上…月曜日がマックスに元気、だんだん木曜にかけて疲れがたまって、金曜日は翌日休み、ということで気分が明るいような。
勝手に自分を分析してみました、ひとりごとです。

今日、近藤嘉宏さんのコンサートへ行って来ました→
広島国際会議場のフェニックスホールでありました。

いつもの職場の人とです。一昨年前に行った時もそうだったのだけど、近藤さんは眼鏡をかけられての演奏でした。
今回はメジャーな曲が少なくて(私はショパンの幻想即興曲やリストのラ・カンパネラ辺りを弾いて欲しかったけど、プログラムにはなかった。もちろんそれは知っていたけど。。。)
クラシックは癒された、本当。
ラベルは知らない曲だったけど、川の流れるような音がすごくいいです。ベートーベン、ショパンは定番という感じ。知ってる曲だと、聞き方も違うし、知らない曲よりは集中して聞いてしまう(笑)
何度か見に行っているからか、他の曲をいろいろ聞けたのはよかった。

結構眠くなる人もいて、会場でイビキが多少聞こえたのがなんかショックだったんですが(その気持ちは分からないでもないけど!?)あの聞いている時間っていうのが、本当に癒される。

アンコールではショパンのワルツ、バラードを弾かれていました。私個人的には近藤さんはショパンがいいな~と思った。

帰ってからもCDを引っ張りだして聞いています。そういえば私が近藤さんを知ったのは、実はポップスをピアノ曲にアレンジして演奏するのを聞いたのがきっかけで、初めは近藤さんのそういうCDしか買ってなかったのだけど。近藤さん自身は「僕はクラシックを演奏することがメインだ」というようなことを語っていたことがあり、そうなのか…と(その時はちょっと残念、という気持ちがあった)。

今まで聞きに行った近藤さんのコンサートは全てクラシックばかりで、本音は「ポップスも弾いて欲しいな」というのが私の中にあったのだけど、クラシックを好きになれるきっかけにもなった気がする(中学までピアノ習っていた頃にもクラシックをよく聞いていたのだけど、その時は「練習のため」という感じだったし。今の好き、という気持ちとは違った気がする)
男性の力強い音が本当にいいな、と思った。

本当、クラシックって癒される。今日はショパンの知らない曲を改めて知る曲ができたし、ちょっとピアノで今度楽譜買って弾いてみようと思っています(笑)

帰りに広島駅前の福屋11Fにある「BAQET」というパン屋さんでご飯食べて帰りました。パンの食べ放題コースがあります。焼きたてのパンを持ってきてくれるし、なかなかよかったです。

で。自分は癒されて、気分がかなり元気になった1日でした笑い
明日からの仕事でも、このテンションが続きますように。。。!?

初CD購入

変なタイトルです(苦笑)

今年明けて初めてCDのアルバムを買いました。コブクロの新曲「5296」です!
去年のレコード大賞でも「大賞」を取っていて、紅白も出ていたし、昨日は「僕らの音楽」にも出てたし…この頃、はまってしまっています。しかもうちの母もコブクロにはまってるらしい。

2,3年前くらいから、周りでコブクロにすごくはまっている人?がいたけど、私はあまり知らなくて。。。出遅れてしまっていました(苦笑)

アルバムはたいていレンタルばっかなんだけど(苦笑)今回は買いました(アマゾンで、割引で…。


もう、すごくいい、ほんと。買って良かった。家族への気持ちが伝わる。
音楽って作る人、演奏する人の人柄によって伝わってくるものが変わっていくんだな、と思う。

今日から3連休だ~充電して週明けからまた頑張ります力こぶ

パニック状態

昨日、ピアノのレッスン日だったんですが、習ったことが頭の中でパニックを起こしているので(苦笑)復習しながら書いてみます。

今、「コードネーム」を教えてもらっているのですが、これ、以前も書いているのだけど、正直、頭がパニック状態ですロケット

セブンスやナインスのコードが一番分かりやすいのだけど
「major7」「minor 7」
を、基本の形なら、多分、分かったつもり(いや、そうも言い切れないかもしれない…いきなり楽譜を渡されたら、まだちゃんと弾けないし…)。

で、先生がこのコードを「回転」させるんです。この回転っていうのが、やっかいで、理屈で考えると本当、分からなくなる走る
例えばCメジャーセブンスだったら基本が

「ド ミ ソ シ」

の長三度なのだけど、「シ」の音を順番を変えて下に持ってきて

 ド ミ ソ」

という感じに変えると、同じ和音でもの音が1オクターブ低くなるだけで、響きが全然違う。
もちろん、オクターブ変わっても同じ「Cセブンス」のコード。だから、Cコードが書いてあったら、その音を入れ替えたり、音を取ったり?して響きを変えていく。

「ミ ソ シ 

と今度はの音を1オクターブ高く変えてみても同じCコード(文字で書いたら、ますます伝わりにくい気がする…分かります??詳しく知りたい方がいらっしゃればネットや楽譜などで調べてみて?!)

※補足(12/15) ちなみにCセブンスは「ド ミ ソ シ(シにフラットが付く)」です。間違って書いていたので修正しました(やっぱりまだよく理解できてない…苦笑)。コチラを参考にしました。。。さらにまだあるのだから(-5だの、6だの、susだの)もう…(泣)

高校の頃、芸術の選択授業があり、私は音楽を取ったので、その時に少しだけコードの授業があったのだけど、その頃もコード覚えるのに実は頭悩ませてた(苦笑)
ジャズって、私は感覚で覚えるもので、理論?みたいなことはあんまり関係ないような気がしてたんですが、コードネームは感覚ももちろんだけど、覚えることや考えることが多いような気がする。

音の組み合わせがいろいろある、とかいうのは本当、面白いけど、覚えてしかも自分で弾くっていうのが、ちょっと苦しい…
先生が、実際にジャズピアニストで活躍されてる方なので、いろいろとそのバンドのセッションのことや、セッションの際にピアノの音(コード?)をどう上手く他の楽器と合わせるか、とか話してくれるのですが…日本語の会話なので、会話の意味は分かるんです、ええ。でも実際に演奏してみなさい、と言われると、頭が混乱してしまって弾けない…(ため息落ち込み

とか…今日は覚え書のように書いてみました。
なかなか奥深いです。音楽って聴くだけも楽しいけど、弾くことを始めると音楽の聴き方が変わってくる部分ってあると思う、なぁ。習う前と習った後で聞いてみて、理屈が分かってきてるから、考えながら聞いてしまうような…。

なんかそういうのってないです??

行って来ましたv

(11/23 pm23:55記)
すごく行きたかったコンサート、フジコ・ヘミングさんのコンサートへ11/20(火曜)に行って来ましたOK

「イングリット・フジコ・ヘミング&マキシム・ヴェンゲーロフ」公演

今年2007年7月7日(これでもか、というほど7の日)にチケットが一般販売されて、実は初日のその日にデパートのチケット売り場へ買いに行きました。ゲットしたのはA席。できればS席を買いたかったけれど、ちょっと財布を引き締めてしまった。。さすがにSS席までは買えなかった(苦笑)でも今度行く機会があれば…?!

以下、コンサートのことを書いてみました。↓


続きを読む

アドリブの練習

今日はジャズピアノのレッスン日でした。
思えば、4月から始めて今や半年過ぎ7ヶ月目。11月に突入で今年ももう残り2ヶ月。早い…

アドリブ」というのをこの頃やっています。
アドリブという言葉とか音楽を聞いている時に、感覚では分かるのだけど、実際自分がやろうとすると、真っ白な状態なので頭に音符(というかメロディー?)が全く浮かばない。で、先生が5線譜に、思いついたままにリズムを書いていき、セブンスの和音で刻んで弾いてます(文章で書くと難しいので伝えにくい…)

先月からボサノバの曲をやってるのだけど、その曲のオープニング4小節、エンディングに32小節、アドリブをつける。元の曲は48小節で、繰り返しがあるのだけど、あっという間(1曲3分くらい)に終わってしまう。それがアドリブをつけることで5分くらいの曲になり、すごく内容が濃い曲になってくる。そのアドリブは先生が作っているのだけど、リズムがどんどん出てくるのでやっぱり面白い音符
ピアノやった人なら知ってるかもしれないけど、シンコペーション?がいっぱい出てきて、弾いていると頭が混乱してしまう。

でも、そういうリズムがずっとやりたかった。頭が痛いし弾けなくてイライラするけど、単純なリズムをいろいろ変化させることで、それがまた面白い。わざわざ複雑にして、楽しんでるような感じ。
「続けようか、辞めようか」と悩み続けているわりにどんどんはまるんじゃないか、と思うこの頃…(仕事と同じでグチグチ言うくせに続くんじゃないか、と思います走る


親に昔からよく言われることが
「あんたは初めは『嫌だ、嫌だ』と言ってるのに、最後に一番楽しんでるのはあんたなのよね。もう、最初っから知ってるからいっぱい悩み聞かされても鼻から本気に取ってませんよ。」
ということ。なんか今まで付き合ってきた私の友達や知り合いも、もしかしてそう思ってる人が大半なんじゃないか、と今さらながらに思っています…すいません

最近買ったCD

。。。を紹介譜面

Beautiful Songs ココロデキクウタ 第2弾

これ、第1弾も実は買ったんだけど、癒される、すごく。
ダニエル・パウターはかなり好きドキドキ小あと今年上映された「ラブソングができるまで」の主題歌も入ってた。
いい曲ばかり、さすがオムニバスだわ、と思う私です。

そういえばジャズピアノやり始めて(結局今も続けてる私…今月から「ボサノヴァ」のリズムを徹底的に練習中)先生は特に「ジャズ」って曲を薦めてくれないんだよなぁ…とりあえず、私が知ってる曲で、特に映画曲や70年代~90年代の洋楽(虹の彼方へ、Elton Jonesのyour songとか)を選んで弾いてる感じ。だから、私自身もピアノ習い始めたからといって、自分が日ごろ聴く曲が変わった、ということも特にない(どうなんだろう、これは。。。??)

いろんなリズムを弾けるってのは楽しいです。あんまり練習はしてないんだけど(苦笑)先生と連弾するために通ってるような感じがする(笑)
音楽聴くって私にとって本当にオアシスタイム(勝手に造語?)です。

ハネケンさん

最近、馴染みのある有名人、芸能人の訃報が続き本当辛い。あえて日記に触れるのも、うまく表現できないし、ただ「辛い」って感じで…

でも。昨日の「羽田健太郎さん」の訃報はなんか他の方よりもすごく身近に感じてしまった。羽田さんは、実際にコンサートで見に行った方だったんです。
それに、羽田さんってピアニストっていうのを遊び心?で楽しんでいらっしゃるような方で、音楽が楽しかった気がする。「題名のない音楽会」の番組でも、さすが羽田さんの人脈?っていうかいろんな幅広い方のゲストが来てたし、クラシックっていう分野に限らないのがなんか好きだったなぁ。

実感がなく、やはり大変寂しいです。ZARDの坂井さんの訃報もショックだった。私の身近でも実は先月、つい数ヶ月前まで一緒に働いていた方が64の若さでなくなったんです。職場の方の訃報もまた辛かった。

介護の授業の時、先生が「高齢者の介護をしててね、春や初夏は訃報が多いんだよ、冬の厳しい季節を過ごしてホッとした矢先に旅立つのかなぁ」と言ってて、今思うと胸が痛くなる気持ちです。

去年、さる日記を書いてた時に羽田さんのコンサートに行ったことを書いていたので下に載せてみます。はつかいちさくらピアでありました。あの頃、すごいパワフルに演奏されていて、さくらピアホールの音響について「ここのホールの音響は本当に素晴らしい、また演奏に来たいですね」とか言ってて、大拍手を受けていました。

謹んで心から哀悼の意を表します。 続きを読む

ピアノのこと

4月からジャズピアノを習い始めた私なのですが、そのことにあまりここのブログで触れてなかったので今日はそのことを書いてみます。

今、月2回の頻度で一回1時間で習いに行ってるんですが、やはりピアノを弾くのは楽しいです(笑)先生と連弾するのが私は好き。普段家で私は1人で弾いてて、それも確かに楽しいんですが(1人でもっと弾きたかったからピアノを習いに行きたいってずっと思ってたんです)やっぱ誰かと一緒に演奏ってのは楽しいです。高校のクラブでも音楽部に入ってて、合奏が楽しかった、というか指揮者も好きだった(お父さん世代の先生です、恥…)

自分は高校に上がる前にピアノを習いに行くのは辞めてしまったんですが、やっぱ1人でずっと弾いてました。習ってた頃はクラシックばっか弾いてたけど、習うのを辞めて瞬間?からテレビで流れている曲とか、親の持ってるカセットテープ(ポール・モーリアとか)聞いた事のある曲をピアノで弾くようになりました。中学の頃だから、私の場合大黒摩希、B'z 、ドリカム、ZARDとか好きだったんで、そういうのを弾いてました。

そういうの弾いてたらピアノ弾くのって別にクラシックだけじゃなくってもいいじゃない!?とか思って、自分の好きな曲の楽譜買ってきて弾いたりもしていました(それがかれこれ今も続いています)もちろん、クラシックも好きです。でもクラシックよりもポップスとか、映画曲(特にこっちが好き)を弾く方が今は多いかなぁ。

高校の頃は、もう一度前習ってた先生のところへレッスンを受けに行こうかな、というのも考えてたのだけど(多分、当時の友達に相談したかもしれない??)結局思うばかりで、高校はクラブ、家ではピアノ、という感じでした。

その思うばかり、というのが高校の頃からずっと続いていて、「ピアノ習いたい」が、いろいろな曲とか歌番組とか見るうちに
「私はジャズピアノがやりたいのかも?!」
と勝手に考えが変わっていったみたいです(笑)

あと、ジャズピアノをやってみたい、という気持ちになったもうひとつのきっかけなんですが…何かの番組で70代くらいのおじいさんが、チャチャっとピアノ弾いてたのを見たのがきっかけでした。おじいさんについては、ピアノのことで紹介する番組ではなかったのだけど、趣味のような感じで(それがジャズっぽく聞こえた)弾いてる場面があって
「いいな~」
なんて思ったのです(恥)私もおじいさんみたいになりたい~などと思ってしまったのが大きなきっかけだったかもしれない(というか年齢重ねた時にピアノ弾けたら~なんていう夢なのです…大変恥ずかしいけど、こんなことが私の夢です…そして孫に囲まれて弾きたい、あ、その前に結婚ですね、完全に妄想~困った

実際習いに行き始めて、正直に言うとやはり仕事で行く時間がなくなりそうな予感…練習もちゃんとできなくてレッスン日しか弾いてないような気もする(苦笑)もしかしたら…いろいろ事情が重なって行けなくなりそうな予感もあり、せっかく「ピアノ始めました、yeah、yeah~音符」とウキウキ気分だったのに、仕事のこととかいろいろ考えるともっと大事なことがあるような気がして。

好きって気持ちは多分今後も変わらないと思うので、もしかしたら、ひたすら家で弾くことで楽しむ生活に戻るかもしれん…です。習いに行くことは楽しいけれど、現実問題で悩んでしまってます。
そんなこの頃の私でした。

※今週の晩ご飯↓ 続きを読む

元気出た~vv

頭の中がスッキリ太陽した気持ちになれた曲があったので、書いてみます。
去年「FINE(洋楽のオムニバス)」というアルバムを買ったのだけど、最近聞いてなかったのに急に聞きたくなって久々に聞いたら元気が出てきました。
どれも明るい曲だけど、特に自分の好きな曲は以下の2曲です(番号はCDの曲順)。

?Everybody's Talkin'(邦題:うわさの男)/ by Nilsson

?Irresistiblement(邦題:あなたのとりこ) / by Stlvie Vartan

もう一つ。先日「ラブソングができるまで」の映画を見て、主演のヒュー・グラント(Hugh Grant)の出演している映画が見たくなり、「ノッティングヒルの恋人」をレンタルしました。映画を見てなかったんで初めて見たんですが…

ジュリア・ロバーツは素敵…ヒュー・グラントは「ダメ男」から(ごめんなさい)恋愛して素敵になるのがもう、私個人的には「キャー大好きー」と叫びたくなる心境になっていた(恥)

何よりも主題歌がよかった。「She(by Elvis Costello)」という曲、これすごく有名だけど、この映画で使われていたのは知らなかった(苦笑)

以下、歌詞を一部引用してみます。

She maybe the face I can't forget
The trace of pleasure or regret
Maybe my treasure or the price I have to pay
She maybe the song that summer sings
Maybe the chill that autumn brings
Maybe a hundred different things
Within the measure of a day

きっと忘れることなんてできないよ、彼女の表情
それは歓び、それとも後悔の跡
僕の宝物、それとも償い
ひょっとして彼女は夏の歌、
それとも秋の爽やかな風
もしくは一日という日に
起こりうる様々な出来事


※追記
福祉の勉強を始めたのはいいけれど、家で家事を手伝ったりしていて、もっと現実的な問題もあるんじゃない?!とかなんかいろいろ自分の頭の中でモヤモヤしていたんです。でも落ち着いて考えたら、楽になれました。うん、大丈夫(と自分に言い聞かせる?!)

ということで?!今日は元気の出た曲を書いてみました〆

日曜日(22日)に…

今月から定時帰りが続き、かなり嬉しい私です。早く帰って何をしよう、というわけでもなく、とにかくゆっくり過ごしているだけだけど…(苦笑)ついこないだまで「暇が欲しい」なんて言ってたくせに、いざ暇ができるとただのんびり過ごしてしまってる…なんか、以前のように「あれも、これもやりたい~」という気持ちが今起きない。現状に満足している、というわけでもないんだけど…いや、しばらくは今のままでもいいような…よくわからん(?)

そういえば日曜日、森山直太郎のコンサートに行ってきました。先日、すごく久々に会って(多分一昨年の年末以来…でも会ってなくても常に身近に感じるお方?!でも久々だったのに会った瞬間一気に時間が縮まった気が…懐かしいような、恥ずかしいような)それがきっかけで(?!)今回、誘ってもらい、一緒に行かせてもらいましたラブ
直太郎さんのことは曲が好きです。なんか歌唱力がすごいなぁ、と思う。でも、実は「さくら」という曲しかちゃんと知らなくて、つい「有名人のコンサートに行ける」なんて思えてやった~な気分だったんです…

行ってみて…あの、なんていうかたくさんの観衆に交じって「コンサートに参加した」という気がしました。クラシック聞きに行く時はただ「聴きに行く」みたいな受身な気がするのだけど、直太郎さんも盛り上がってるし、観客も盛り上げようとしてるし。ああいう雰囲気って本当に楽しかった。滅多に行かないっていう部分もあるんだけど、数時間であれだけ充実できたのは本当に楽しかったし、よかった。

そして。私にとって初だったペンライト!(自分にとっては自慢)で、「初めて」の経験の場合いつも慌ててしまい、失敗する私なんですが(案の定いろいろ…失敗ありました)光らせ方を教えてもらい、一緒に振ることができました~なんか本当に感動。

で。コンサートで演奏してる人と目を合わせたり、リズム合わせてるの見て、演奏楽しんでるだな~みたいな雰囲気感じてきた。演奏してる人が楽しんでるとこっちも楽しくなるし、こっちが盛り上がれば演奏してる人も盛り上がってくるような、いい相乗効果が湧いてきたような。

あと、中学生のコーラス部(だった?)と直太郎さんが(学ラン姿の!?)一緒に歌う場面ありました。これって中学生、うらやましい!すごくいい経験になるだろうし、いい思い出になるんだろうな、なんて思ってしまいました。で、中学生、直太郎さんも言ってたけど「本当にピュア」だった(笑)

なんていうかいい経験させていただきました。短時間だったのにコンサートの時間、本当に充実できました。(ありがとう~)

滅多にない経験でしたが、よかったです。とりあえず今日は書いてみました。
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ