ひなたぼっこ

一日、一日の中で 幸せだと思えることを一つづつ増やせますように。。。

book

東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン

リリーフランキー 著 「東京タワー~オカンとボクと、時々オトン」

先日、本屋さんが一番売りたい本「本屋大賞2006」で大賞を受賞されていました。

私、この本を買って読み始めたのが2月中旬頃。なんと1ヶ月半もかけて読みました。というか読む時間がなかなかなくて、ゆっくりした時に読まなきゃ大切な文章を読み飛ばしてしまいそうだったんで(いや、単に読むのが遅いだけっすね)かなり吟味しながら読みました。

一言で感想書くと、後半部分は一度読んで再び読むには少し時間置いて読みたい、と思った。前半のリリーさんの子供時代の話は何度も読んでも教訓ある感じだし、ちょっと笑いありで面白かったんだけどね。親子っていうものを改めて考え直せるお話だと思いました。子供にとっての原点って誰にとっても親であり家族なんだ、と現在子供としての立場でしかない私は思いました。そしてママンキーさんにとって子供はいつも子供。静かに感じる親子愛のようなものがあって素敵なお話でした。
心に残った一文があったので引用させていただきます。7cb246bb.jpg



大人の想う夢。叶っていいはずの、日常の中にある慎ましい夢。
子供の時は平凡を毛嫌いしたが、平凡になりうるための大人の夢。
かつて当たり前だったことが、当たり前ではなくなった時。平凡につまずいた時。

人は手を合わせて、祈るのだろう


まだまだ若輩者の私が何を言うんだ、と叱られそうですが、ふと、残った一文でした。


リリーさんがオカンとオトンと一緒に見たであろう、東京タワーからの眺めを載せてみます。11月に横浜に出張した時、東京に観光旅行して登ったんです。私は大展望から見たんだけどね。携帯から撮りました。下が夕焼け、上が日没後です。

7e2edf90.jpg
前から東京タワーからの景色を載せたかったんです。結構この眺めはよかったな…と。(あ、東京タワーの外観は意外に普通だった、と私は思った…)

東京タワーから見た景色は六本木ヒルズ、主要テレビ局、レインボーブリッジ、国会議事堂…東京タワーに登った時の自分の気持ちは
「日本の中心にやってきた」
でした。田舎者が都会の東京に憧れて上京し、やっと東京タワーに登ったぜ!みたいな感じです。2994a620.jpg


でね。恥ずかしい話、親を連れて来たくなる場所だった。東京タワー、いい眺めでした。
右、一応メインである「東京タワー」の外観、載せてみました。

1人暮らし生活、最後の日に東京タワーに行きました。横浜まで来て東京タワーに登らず地元に戻るのは後悔モノだ、とか思って。今、行った日のことを思うとジンとくるものを感じてしまいます。

少女の器

灰谷健次郎さんの作品ですリボン

小学校5,6年の担任が「太陽の子」を読んでいて児童の私達によく灰谷さんの作品を紹介していました。灰谷さんは元小学校教師だから教育に関する作品が多い。この「少女の器」は教育の側面は少ないけれど、その部分に触れる時はかなりするどい視点でかかれています。

主人公、絣(かすり)のBF、上野君の友達「なっちゃん」の話があるのだけど、なかなかいいです。

なっちゃんは人の前に出ると発作が出たり、疎外感が強くて、実際に疎外されたことも多かったという経験を持つ高校生。絣や上野くんと同い年。優しくしてくれる人にもたれかかってしまうので上野くんはそこに対して厳しくなっちゃんと接する。彼女の自立を促すために絣の父が保育園での保母の仕事を与え、彼女自身は気付くのです。子供達が自分を仲間に加えてくれる、何の先入観も持たずに。それが彼女にとって大きなことでした。

人間はこまやかで、だから人間同士はていねいに付き合わなくてはいけない…(一部略)

ていねいにつきあうことは、いいことばっかりじゃなくて、嫌なこともつらいこともあるのに、わたしはそれを抜けることばかりを考えていました。それが恥ずかしい。

少女の器は高校2年生の夏休みに買った本でおそらく主人公絣と同い年だったはず(今や10年ほど前になっちゃったけど)。過去何度も(多分最低でも5回は読んでます…)読んでいてラブ、読むたびに新しい発見がある本なんです。自分が高校生のときに感じなかったことを社会人の今になって感じる、とかそういう本。きっと自分が40、50になったらもっと違う発見が出来そうな本だと思います。まだまだたくさん紹介したい内容があるのだけど、今回読んで一番心に残ったところのみ書いてみました。

人と付き合うって本当に難しい…いろんな価値観があって合う人、合わない人もいます。でも最初っから人を拒否していたら何も始まらないんですよね。
初めは受け入れてみて、一度付き合ってみる(恋愛に限らず対人関係でね)って大切な気がする。

それって私自身に足りない部分なんですが…落ち込み

人と人が付き合うって難しい。なっちゃんはいろんな要因で病気になってしまったのだけど、彼女がそれに気付いたところで物語は終わっています。

何か、大切なことに気付かされる部分のように思い、いつも私はここの部分を繰り返し読み返してしまいますキラキラ

アンの青春(第二巻)

こちらの話はアンが1巻でクイーン学院を卒業してアヴォンリーの小学校にギルバートの気遣いを受けて赴任、という話から始まる。そこでやっかいな一人暮らしのハリソンさん、そして親戚が亡くなったドーラとデイビーという6歳の双子、隣人に40歳の独身者ミス・ラベンダーとの出会い、小学校での子供たちとの出会いなど、1巻より少し大人なアンに会える。
で、ハリソンさんは60代のおじさんで生活がだらしなく、周りには忌み嫌われているおじさんで、イヤミなオウム、ジンジャーと暮らしている。アンはそのオウムに「赤毛のあまっちょめ」と言われてしまい、ハリソンさんがいかにこのオウムに悪口を吹き込んでいるのかわかるのだ。そのハリソンさん、実は妻がいて周りは「独身者」だと思っていたし、本人もそう思っていたのに妻が出戻ってくるのだ。すると荒れたハリソンさんの生活は一気に小奇麗に。ハリソンさん、素敵な奥さんがいたなんて、と思った。
そしてドーラとデイビーの話。ドーラはいい子でおとなしいのだが、デイビーはいたずら好きでドーラにいたずらしては喜んでいる。デイビーはすごく愛される男の子なのだが、ある日、アンにいたずらを問いただされたところ「僕は絶対にいたずらしていない」と言う。しかし、実はデイビーがいたずらをしていたことが判明する。アンはその時、6歳のデイビーが嘘をついた、という事実にひどく失望するのだ。アンはデイビーに特に子供のしつけをしている。もちろんドーラに対してもしてるけど。子供に対する愛情を感じた。
小学校で教えている子供の中に「ポール・アービング」という想像力豊かの男の子との出会いがある。デイビーを叱る際によく「ポール・アービングはそんなことをしません」と言うのだが。そしてアンは「ミス・ラベンダー」という40代の独身女性に出会う。彼女は25歳の時に婚約していた男性がいるのだが何か原因で婚約破棄になってしまう。それから独身を貫いているのだが、40代なのに素敵なオールドミスなのだ。彼女はいつでも恋愛ができるような姿でシャーロッタ4世という14歳の女の子と生活をしている。それが実はポール・アービングのお父さんと25歳の時に婚約していて、それが破棄になっていたことが判明。ポールはお母さんを亡くしているがミス・ラベンダーに自分の母に近い感情を持つのだ。これはもう物語だからありえる話だと私は思うんだけどね。そしてお父さんとミス・ラベンダーは意気投合して結婚してしまうのだ!!ちょっと話がうまくいきすぎなんじゃないかって思うのよね…でもロマンスが成就するって素敵よね。このミス・ラベンダー(後にミセス・アービング)の話は私はすごく好き。
ギルバートはアンからそのロマンスを聞いた時、

「ミス・ラベンダーとアービングさんの結婚の話は美しいと思うよ。でもね、もしもぜんぜんはなればなれにならずに行き違いなどもなかったら…もし二人が手に手をたずさえ共に味わった思い出だけをあとに残しながら生涯を送ったとしたらそのほうがいっそう美しくはなかったろうか」

とアンに言うのだ。アンはその時、まさにbrush upしてしまう。ミス・ラベンダーはアービングさんと25の時に婚約していたのに破棄になって、アービングさんはその後別の女性と結婚する。子供を授かったが奥さんに立たれ、その後に再会して結婚になったのだ。それがもし、行き違いなどなかったら、とアンに言ったのだ。ギルバートにとってその相手はアンということを
指してるんだけど。このエピソードも私自身までbrush upしちゃったよ。

そんなアンの青春でした。ちょっと恋愛色が濃いくなったけど、私がそういう部分ばかりpick upしたせいかもしれない。3巻の方がよほど恋愛色が強くなるし。1巻のアンは一番純粋よね。だんだん恋愛の話になっていく過程を感じた2巻でした。

赤毛のアン(第一巻)

先週3/20から読み始めたんですが、先日読み終わりました。11歳のアンは想像力豊かで自分のコンプレックスさえも想像力によって前向きに考えていく。時にその想像力のせいでただの森を「お化けが出る森」と妄想しすぎていいことばかりでなくときに夜眠れなくなるほど追い詰めることもあるけれど。

アンが活発な明るい女の子なんだけど、実は孤児なのよね。それが別にかわいそうなことだとはまったく思えない。彼女の恵まれた環境というのは独身の兄弟、マリラ、マシューという暖かい家庭に入り込んだおかげなのかな。向学心も強くてライバルのギルバートに競争心むきだしにして張り合うアン。

アンが16歳になり、クイーン学院に入学して自分の進路を決める際に、彼女は優秀な成績をおさめたので大学に行くための奨学金を勝ち取った。彼女の得意とする英語学で他の誰よりも、そしてギルバートよりも優秀な成績をとった。アンはすごく喜んだけれど彼女の選んだ道は進学ではなくて学校の先生になることだった。なぜかというと、育ての親であるマリラは目の病気を持っているし、マシューは病気でなくなり、マリラ一人をアヴォンリーに残しておくことはできない、と思ったからだ。彼女のこの判断っていうのが私はすごく素敵だな、と思った。そしてギルバートはアヴォンリーの先生になることを決めていたんだけど、アンのためにアヴォンリーの小学校赴任を譲る。もうギルバートったら素敵よね。アンとギルバートはそれが確かなきっかけになって友達になっていく。

豊かな想像力で物事を考えるっていうのは素敵だと思う。でも現実的なこともしっかり考えていてアンは進学せずにマリラのため、マリラがに感謝しているから学校の先生になる。そうすればアンはマリラと一緒に生活することができるからだ。進学すればお金は奨学金があるけれど、マリラと離れた生活になってしまう。これが16歳の女の子なんだな、と思うと私(25歳)はどうかな、と反省した。ちょっと感想を書いてみました(読解力、文章力がないんでもう少しよく読んだほうがいいかもな)。
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ