ひなたぼっこ

一日、一日の中で 幸せだと思えることを一つづつ増やせますように。。。

travel

青春18切符で小旅行、高松へ…

7月にコブクロのコンサートに行く時に使った青春18切符、1枚だけ余っていたんですが、それを使ってちょっとした小旅行へ行ってきました。一応、一人旅><特に予定がなく、でも一人で遠出をしたい!という欲求が出てきて、県をまたいできましたv
行ったのは1か月ほど前の8月30日です。。。

広島から日帰りで、ちょっと長旅で、それなりに長居もして行けそうな場所ということで、高松へ行きました。片道約4時間半(往復9時間弱…oz)滞在時間は5時間弱、という、割に合うかと言われると微妙なんですが、1人だったので5時間も滞在できれば、正直十分なので…私個人的には電車に長時間乗って、外の景色を眺めたり、駅を見たり、乗りかえの電車に楽しみを感じたり、という感じだったんで、電車の旅を楽しみたかったんです。まあ、それなりにお腹も空くので、乗り込む前におにぎりなどを買いました。

高松といえば、瀬戸大橋!海の上を走るから、もう楽しみでした^^
岡山から乗りかえる時、いろんな電車を発見。アンパンマン列車とか、今の「黒田官兵衛」の宣伝の電車など。結構見るだけでも面白かったです。で、瀬戸大橋、いざ外を眺めてみると、鉄筋の橋は斜材で頑丈に作られているので、海が見えるか微妙な感じだったけど、一応、満喫はできました。思えば小学校の修学旅行で瀬戸大橋を渡ったんですが、あんまり当時の記憶がない…海、良かったです。

高松到着後、うどんを食べに商店街へ。ありとあらゆるところに、うどんのお店。広島で、お好み焼きの店がすぐ見つかるように、高松はうどん県らしく、ちょっと歩けばすぐに出会えました。
一応、かけうどんに天ぷらを載せたものを食べてきました。

その後、商店街と、駅併設のショッピングモールらしきところをちょっとうろうろし、所要時間2時間ほど。次は、高松から倉敷へ。ショッピングモールへ行ってきました。
倉敷では、歩き回っただけで、結局買い物はせず、3時間ほど見て、その後帰宅しました。

朝7時前の電車に乗り、帰宅は21時過ぎ。まあまあ、日帰り一人旅を充実した?一日でした(笑?)

なんというか、この日に「海」が見れたのが、自分は嬉しかったです。地元のローカル線も海が見えるんですが、私は「海」が好きです。山よりも、海、という感じ。
また、機会があれば「海」を沿線で見れるローカルな電車の旅に行ってみよう、と思います(笑v)

そんなこの頃です。元気に過ごしています(大病なく?!)

大阪へ行ってきましたv

7/20にコブクロのファイナルライブが京セラドームであり、親と二人で観に行ってきました。

初のコブクロライブでした。職場や友人にコブクロの大ファンがおり、ライブのことは話で聞いたことがありましたが、実際行ったのは初。本当は地元広島公演を見たかったんですが、チケットが即完売で、どこか行けそうな日がないか探し、たまたま大阪を発見。大阪なら何度か行ったことあるし、多少土地勘もあるので、大丈夫だろう、とチケットを取りました。

取った日がたまたまライブの最終日で(最終日=盛り上がるファイナルステージというのを全く知らなかったようなファンでした><)、しかも20日なら大阪くらいなら青春18切符で乗り継いで行けるだろう、というなんとなくな気持ちでした。

鈍行で乗り継いで行く電車の中で、同じようにコブクロのライブに行く人に出会いました。成人したお子さんが3人いるようなマダムだったんですが、一人でライブに行くそう。母がその人と妙に仲良くなってしまい…この方は本当誰とでも仲良くなれるんだな、と感心したのと、自分にその遺伝子がないのが残念、とかいろいろ思ってしまった(苦笑)それは一緒に旅行中に買い物しながらも感じました。

で。行ってみて驚き。
45000人ほど収容し、ファン層もいろんな年代で10代~70代(それ以上?)というくらい幅広い。また、熱狂的なファンらしき人は、球場のグランド上に敷き詰められた席にいたようで、2階席など(私もその中にいました)は、おとなしい感じの人もいて、ファン層もいろんな人がいるなぁと思った。コブクロのライブに行って思ったけど、とりあえずコブクロの曲を知っている人ならだれでも楽しめると感じた。それくらい、親しみやすいライブでした。

母が電車の旅が好きで、私もゆっくりと鈍行に揺られるのが好きなので、ゆったりのんびり帰ってきました。
また、青春18切符が一回分残っているので、今度は日帰りで一人旅をしようか、またはちょっと遠出の県外のショッピングセンターで買い物に行こうか、考え中です(おそらく、県外のショッピングセンター行きが濃厚…)

晩御飯は、心斎橋のたこやきの居酒屋さんで、ビールとともに、母と乾杯
たこやきがたった300円、そして居酒屋さんなのに2人で4000円以下、という格安!美味しいし、安いし^^
久々の大阪、ちょっとした遠出、楽しかったですvv



この頃、旧友(大学時代以前の友人)と会ったり連絡取る機会があり、いろんな近況を聞いてしまう。盆休みで里帰りの時期だからかな。一番最近の大学でも卒業して12年以上経つのに、どこかで誰かがつながってて、そこでまたつながりができたり、思いがけない近況を知ったり、ということがある。

社会人になって、私は特に連絡不精なので友達がつながりにくい方なんですが、連絡いただけるだけで大変嬉しかったり、懐かしかったりです

私は今年の夏もテレビ中継の野球観戦に勤しみますv
では…

梅雨です

だんだんとムシムシしてくるこの頃、冷房がだんだん強くなるので、体調管理にも気を付けたいこの頃です。

そういえば、ついに仕事が10年過ぎてしまいました。
10年も経ったなんて、あんまり実感もなく、そういえば年々、新人や後輩が増えていて、気づいたら10年だった、という感じがする。

このままずーっと今の仕事が続けられるか、それとも違う生き方をした方がいいのか…と2,3年前から考えていて、結局答えが出ないまま…というこの頃。パンやケーキとかをその間に習いに行ってはみたものの、自分の趣味として土日とかの余暇に、作る楽しみができて、それはそれでよかったと思う。
料理もちょっと今習いに行き始め興味を持てるようにはなったかな(若干遅いけど!?)というこの頃。

会社で個々のスキルアップのため、資格などを取るバックアップみたいのがあり、資格取れたらお給料に反映される、とのことで、資格もまだ間に合うなら取りたいな、などとも思う…

それはそれで、頑張ってみて、またその先はもしかしたら仕事の勤続年数が20年、30年経ってた、となるかもしれないし、それもまたよし。

いろいろ、周りの人から得る情報も多くあるので、それも取り入れていくのも楽しい、そんなこの頃です。


最近ですが、ちょっと遠出して、北九州の小倉、博多に行ってきました。地味に小倉城を見たり、キャナルシティで買い物(ほとんど見るだけ)、小倉駅ビルも散策し、小倉駅近くで、とんこつラーメンを食べました(小倉駅近くの「らくの家」←レディースセットが500円でミニラーメン、餃子、おむすび、アイスと結構食べごたえあり)。

小倉城内にあった参拝所が、お参りするときに鳴らす鐘?がたくさんぶら下がってるのがめずらしかったです。
お城の写真だと定番過ぎなので「小倉城庭園」と書かれた石の写真を掲載してみます(いい写真があれば掲載したかったのですが、他の観光客が写ったりしたので、本写真のみとします

小倉城庭園






夏休みでした


またもや久しぶり過ぎですが、久しぶりです?!暑いですがお元気でしょうか…

ここ数日ほど、実は連休がありました。
最近はあまり連休に向けての計画というのを立てなくなってしまい><連休中はぼんやりと過ごし始め、ぼんやりと連休が終わってしまっているような…なんとももったいないけれど、平日にバタバタ忙しくしている時の方がいろいろな予定をこなしているような、そんな気もしたり!?

で、今回の連休も、あまりの出不精の私を見かねてか?!親に連れられてちょっとしたドライブに出かけました。やっと書くネタができたような気がして(笑)さっそくブログに書き込んでみます^^

広島からしまなみ海道を走り、瀬戸田の耕三寺、福山の鞆の浦に行ってきました。高速道路はしまなみ海道のみ利用し、あとは2号線を通ってのドライブです。その分、ちょっと高速料金が浮くので、晩御飯を帰宅後に食べずに外食にvv(ちなみに帰り道の東広島あたりにある学生御用達のようなラーメン屋さんで。。。)

瀬戸田はとにかく海がキレイで、海岸沿いはドライブすると気持ちいい。自分もちょっと運転してみました。
あとは、ドルチェというアイスクリーム屋さんで伯方の塩アイスを食し、これもなかなかイケました。

耕三寺は親孝行の寺。母が行きたい、と言って実現。入場料はちょっと高いんですが(大人1200円)見学して回るのには十分見応えはあるんじゃないかな、と思います。自分としてはいろいろ感じながらお寺見学しました。

「地獄谷」と書かれた洞窟が寺内にあり、洞窟内に展示されてる絵が、地獄絵で、怖いんですが、外に比べて洞窟内は14℃。気候は天国だ、と他の見物客も言われてて、なるほどそうだな、と思うような涼める場所になっていました。

瀬戸田観光の後は、またもしまなみ海道を通り、今度は福山の鞆の浦へ。
ちょうど夕焼け頃で、海岸から眺めた景色は本当によかったです。写真をアップロードしてみたものの、とにかく気持ちが伝われば幸いです

ちょっとしたお土産として、我が家と祖母の家に保命酒を買って帰りました。鞆の浦では有名とのことで、初めて知った私でした

今年の夏は救急車が走る音を例年より多く聞くような気がするような…
もしかしたら今まで救急車に気づかなかったのかもしれないけど?!
暑いので、とにかく夏バテや熱中症に気をつけて、体調管理したいな、と思います(締め〆)
福山の鞆の浦 海岸の夕焼け

GW明けて、近況報告^^

しばらく、日記から遠ざかってしまっていました><
日記を書こう、と思いつつなかなか公開まで至らず、久々日記となりました。お久しぶりです

4月が来て春が来たなぁ、と思っていたらGW。そしてもう半袖でも外出できるほどの気温になってGW明けました。

ちょっと遡って、今年の春は、平和公園へお花見に行きました。広島市内のバームクーヘン屋さんがあり(CLOVERというお店で、バームクーヘンがドーナツの形になってる)それを買って、公園内で食べながら鑑賞しました。お花見は、やはり近場…まあまあ楽しめました(笑)

桜の季節が過ぎ、GW、今回は平日2日間が休みとなり、10連休の長期休暇でした。
今年は特に用事を作らなかったので、のんびり休暇。

その中であまりにも予定がなかったので、1泊2日で、山陰地方にドライブ旅行に行ってきました。両親と3人でのドライブです。

懸賞で島根県立美術館の入館チケットが当たり観光も兼ねて旅行しよう、となって…催し物は「赤塚不二夫展」で夏には広島にも展示がくるようです。赤塚さんのマンガの原画で、見ているだけで楽しかったです。
赤塚さんのマンガもとにかく、島根美術館の常設展が地元の様子を書かれた絵があり、それもよかったです。ちなみに母と行ったんですが、明治時代の農夫の絵に、私ら親子は「いいなぁ」と眺めていました。

ここの美術館は宍道湖が眺められる立地場所。私が行った日はくもっていたのですが、静かな感じがして、いい眺めでした。国道沿いが宍道湖を眺めながら走れる道で、これもまた夕方辺りに見たらキレイな眺めです

島根の出雲大社にお参りし、良縁の願掛け(笑)そのあとで、島根県立美術館に行き、松江城の城下を歩いて観覧。そのあと、少し車を走らせて境港の「水木しげるロード」に行きました。水木しげるロードは歩くだけで楽しかった。で、たくさんお店が出てるので、つい食べ過ぎてお腹いっぱいに…何よりも面白かったのは、水木しげるさんの名言が書いてある碑。その名言が↓

なまけものになりなさい(*´∇`*)

これは爆笑。ふっと力が抜けていい思い出になりました。

宿泊はビジネスホテルで、安く取れたのですが、島根は温泉地が近いのもあり、お風呂は鉱物が含まれていて、軟水のお湯で、気持ちよかったです。

ドライブ、父の運転がほとんどだったので、私は2時間くらいしか運転してないです(とはいえ、少し運転させてもらえたのは嬉しかった)><

まだまだ親に頼っている私なので…今回はなんというか、両親に感謝です

同い年の友人、1つ年下の同性の同僚のお祝いする機会があり、どの子もすごくいい子で、幸せになれるだろうな、と思えるので、見てる私も嬉しい気持ちになれました。ありがとう
そういった報告を聞ける状況にある自分も幸せだと思う。ちょっと寂しいけれど、学校を卒業するのと違う、気持ち

とはいえ、私自身も、そろそろ自分の芯を揺るがないよう固めていきたいな…と思います。
なんか、この頃は自分がどう転がっても自分が納得していたいな、と思う。

なかなか難しいけれど…自分自身に対して何が今後起こるのか、それもまた、楽しみなような、不思議な気持ちのこの頃です

ちょこっと旅行~宮島

カテゴリーはtravel
一応ちょっとした思い出?になったんですが。。。

最近(特に去年)友人や親戚が宮島に観光やプライベートで行った話を何度か聞き、なんとなく自分もちょっとした観光気分で宮島に行きたいなぁ…という願望があったんです(花火大会や初詣は例年の行事でよく行くけど)。

それがひょんなことで実現。
会社の先輩(真矢みき似の美人)、他社からの出張者さん(20代の男の子)という、一緒に仕事をしているメンバーで行きました。友達、とか親しい人、というよりは「同僚」で仕事をしているから「お疲れさん会」みたいな感じ。出張者さんが7月いっぱいで本社に戻ることになっていたので(県外から)、一人で出張で来ていて、もう少し広島でいい思い出?を作ってもらおう、というのもあり、先輩が提案し3人で行くことに。

JR宮島口まで乗車、フェリーに乗船し世界遺産厳島神社についての船内放送を聞き、宮島へ到着。フェリーから見える鳥居はやっぱりよかったです。満潮の鳥居を見れたもはよかった。
島に着いて、アナゴ飯のお店へ。殻付きの牡蠣も注文でき、一人2000円ほど。アナゴ飯を食べた後に、揚げもみじのお店。「別腹だから。。。」ということで!?お店に入ったのですが(笑)行きも帰りもこのお店に寄り、結構好評でしたvv

おみくじを引いたり、お守りを見たり(仕事の話を)しながら鳥居を通り抜け、9本の神木がある大願寺へ。
30円を箱に入れ線香3本買い、立てて煙を浴びました。
大願寺のあとは、宮島ロープウェイに乗って紅葉谷公園→獅子岩駅の猿山へ。
ロープウェイの駅までかなり歩く事になったのだけど、たまたまシャトルバスを見つけ、駅まで無料で利用。
さすがに山登りは暑くかったのもあってできなかったんですが、猿と鹿が一緒に共存しているのを見て、なんというか和まされた。子猿が鹿の毛繕いをしていた。子猿と親猿が毛繕いをしているのもあったし。
襲われたら怖いので、従業員の人にはかなり注意を受けますが見るだけだと野生動物園にいるような感じ。
帰りももちろんロープウェイ、シャトルバスで降りました。

次は干潮になった浜に降りて鳥居の近くまで行ってみることに。
出張者の方は初めて鳥居を近くまで見たらしく、「凄いですねー」と本当に感動してた。私も影響受けたのか、初めてではないのに、自分も初めて見たような気持ちになれて、純粋に楽しかった(笑)カニやヤドカリもたくさんいて、童心に返ったようになれた。

で。浜から上がったあと歩いている時に、私が宮島でもらった宮島マップみたいなものをうろうろしていた鹿に食べられてしまい、ちょっとした被害も受けてしまいました…(泣)

あとは商店街を通り、お土産を買ったり、2回目の揚げもみじのお店に入り、帰路につきました。

帰りのJRでいろいろ仕事の話やら、普段見る番組は何か、とか世間話をいろいろしていました。普段職場の中ではたくさん話すことはないので、今思うとちょっとしたことでも話せたことが、よかった。
先輩の気遣いが本当に上手く、出張者さんも私も感謝だった。
職場では納期やら自分のミスを修正したりなど、追われる気持ちが多いんだけど、そればっかでもない(よね?)

ちょこっと旅行の話でした。
(09/08/09記)

ちょっとしたミニ旅行

今年のGWは、例年に比べはるかに家に閉じこもって過ごしたんですが(苦笑)一日だけちょっとした遠出?をしました。

呉線に乗って、呉市内へ。呉線は、海岸沿いを走るので海がよく見えなかなかの絶景。特に夕焼けが海に映るのは本当にキレイ。この日は幸い晴れていたので窓から見える海がキレイでした。

呉駅に着いて、まずは「大和ミュージアム」へ。以前「男たちの大和/YAMATO」を数年前ですが見に行き、地元だしずっと行きたいと思っていたものの、地元だからこそなのか、「いつでも行ける」という気持ちもあり、今回初めて入りました。やはり、観光地になっているのか、お土産や、ご当地物?もあり、広場にはベンチも設けてあって、休憩ができる。アイスクリームやコーヒーもミュージアム前で売られていました。ここのコーヒーは結構美味しかった。ブラックがお好きな方にはお薦めです。アイスももちろん、食べました(恥)

で。戦時中から現在へ、戦争のことが主に展示されていて、平和学習?を自主的にやったようなそんな感じもありました。呉市は船の技術が高かったので原爆は本当は呉市に落ちていたかもしれなかったそう。祖母から話を聞いたり、小中学校の頃に平和学習をみっちりとしているので、知ってはいましたが、大和ミュージアムでは、今はその頃の技術が船だけでなく、広く生活に応用されている、というのを強く言われているような気がした。
戦時中、戦艦大和を作るには、工場の作業員が戦時中に、深夜にかかるほどのかなりの残業をされていた、とのことが書いてあるのを見て、ちょっと心に残りました。
爆撃されて沈む可能性のある船を作っていた人達がいた、というのが今の船の技術には確かに繋がっているかもしれないけれど、今っていうのが平和なんだな、という気持ちになったというか…
二度と、そういう技術がマイナスな方向に使われて欲しくない、と本当に思いました。

こういうのって、上手く表現できず、誤解を招きそうなので書き直しました(7/26)


大和ミュージアムを見た後は、呉市内にある「海軍さんの麦酒館(別名クレール)」へ。いろいろなビールがあって、フルーツ味やら試せる。しゃぶしゃぶの食べ飲み放題を注文し、ビールを一通り飲みました。

その後は、まだ食べるか?!という勢いで蔵本通りへ。夕方になると屋台が並ぶので、「屋台」に行ってみよう、ということで…
屋台と言えばラーメン?と思い、ラーメン、あと焼酎をオーダー…さっきあんなにしゃぶしゃぶを食べたのに、私ってこんなに食べれるのか?というくらいに食べ切りました(笑)

この頃、体調が悪かったのか、食欲が減っていた時期だったのだけど、自分のこの日の食欲に、安心してしまった(笑)

帰りはほろ酔いな感じで気分良く、電車で帰りました。

地元探索っていうかミニ旅行でしたが、やっぱ花より団子?お腹いっぱいに食べたことの方が幸せに感じられた私でした走る!?

(09/07/24記)

thank you

ふと思ったんですが…「ありがとう」って言葉、普段の会話で結構頻繁に言われたり、言ったりしているんだなぁ、と。またまたキレイゴトかもしれないんですが(苦笑)意識して会話していると、案外一番会話の中で使ってる単語(っていうか言葉?)だと本当に思う。で、それは日本のことだけでなく、世界中の共通の挨拶は、たとえ言語が違っても「ありがとう」なんだと思う。

というのは…

実は先週から会社で夏休みが始まり、今回、旅行へ…行きました。
赤毛のアン100周年ということで、旅行会社が催行していたツアーがあり、プリンスエドワード島と、ナイアガラの滝ツアーへ5泊7日で行きました。感想は、言葉でまとめるのはもったいないような、なんというか、感無量というか、感動、that's wonderful!!というか、日本人は感動の言葉や表現が乏しいと言われる部分もあり、私も言葉で言うのは難しいです。本当に思ったのは「行ってよかった」ということでした。本当にそう思いました。

で、カタコトの英語しか話せない、純日本人100%な私、英文科を卒業しているにも関わらず、英語力ないじゃん、ということを実感し、正直な気持ちショック落ち込み(以前、一応試験受けたりしていたのに…走る)お店でメニューを注文するにも、メニュー表を指差しで最後に「please」をとりあえずつける、というような状況…チップは一応、前もってガイドブック読んでいたり、以前ホームステイをしたことがあったので、多少はわかりました(とはいえ、苦労しつつ…)

自分が英語力がなかったのは実感したのだけど、それでも一番よく言われた言葉が「thank you」だったんです。

席を譲り合ったり、エレベーターを開けてあげたら「thank you」
お店でメニューとか何かを頼んで持ってきてもらったら「thank you」
買い物したらレジで店員が「thank you」
送迎してもらったり、教えてもらったら「thank you」

他にもいろんなパターンがあるけど、私も言ったし、相手からも一番よく言われた言葉だった。(もしかしたら聞き取れた唯一の言葉だったんだろうか??)

何かをしてもらったり、道を教えてもらったり、メニューのことを教えてもらったりした後は
「thank you」
「You are welcome」
のお決まりの会話。

もう一つ、自分が主に使った言葉は
「Excuse me」
これは店員さんと話す時、食堂(レストラン)や買い物で店員に呼びかける時が主。あと、道を尋ねる時も。もちろん、その先に続く会話も一応…自分なりに(理解してもらえるのも大変な時もあったけど)頑張った…つもり。

思えば「ありがとう」の言葉一つでコミュニケーションが十分にできるんだなぁ、と思ったんです。実際旅行から帰ってきて、親と普通に会話してても実は無意識にいっぱい「ありがとう」って言葉を使っていることに気付いた。
イマドキ「『ありがとう』を言えない人が増えてる」ってニュースであるけど、もしそれが本当にそうだったら、ちょっと寂しいな、と思う。「ありがとう」って言葉は大事だと思う。もし世界を旅するなら、最低限「ありがとう」の言葉は覚えておいたほうがいいんだろうな、と私は思う。

最大の反省点は、英語をもっと勉強したい、と思ったこと。あと、人と関わるという点では「ありがとう」を含めてだけど、世界共通で変わりがないと思いました。日本で愛想がよければ海外でも日本でも好かれる。逆もまた然り。笑顔も世界共通です。
私自身にとっては、日本でまだまだ頑張れることがいっぱいあると思った。これ、本当に思った。お金が貯まったり都合が合えば今は誰でも?一応旅行できると思うけど、なんというか、いろいろ気付きがありました。旅行に行く前に比べると気付いたことが多いです。


※余談
昔、自分がホームステイした時、一番自分が使った言葉は、思えば「sorry」で、いっつもいっつも謝ってて(うまく話せなくて伝わらないから自信もなかったのもあるし、性格のせいもあったり…)

「Don't say sorry!」

とホームステイ先の方とかに、注意というか叱られたことがあったなぁとふと思ったんです…
今回はこの「sorry」は滅多に、よっぽどのことがない限り(人とぶつかったりとかで迷惑かけたり)使わなかった。というか、物凄くこの言葉は重い言葉で、滅多に使わないほうがいいな、という気付きがありました。これも日本と同じなんじゃないかな…私自身、よく
「すぐあやまるの、やめんさい怒り
と全くもって同じことをよく言われます(苦笑)これ、意識して直していこうと思います。

GWの京都旅行

(※08/05/17にUP)

今年のGW初め4/26~27に、京都へ旅行に行きました。人出の多いGW、普段はこんな時期は旅行に行かないんですが、リッチに新幹線と旅館宿泊(しかも夕、朝ご飯は、部屋食ごはん)の一泊二日です。


今回、結構京都のことで勉強して、寺のことやらバス経路をかなり調べました。以前行った時のパンフを引っ張り出したり、図書館で本借りたりしました。で、もちろん今回のため?というか本があったので購入(ことりっぷの京都版を買ってみた)。

GW初めの日の土曜日は、中学生?の修学旅行生がたくさんいて、自主的にバスに乗っていたのがすごいなぁと社会人○年目の私は感心してしまった(笑)多分、友達同士とかグループに分かれての自由行動だったんだろうなぁ…たくさんの修学旅行生に遭遇しました。
やっぱ人が多かったです…名所で降りるお客さんが多かったので、乗り過ごすことはなかったんですが、満員バスに揺られての移動。GWは本当に人が多い、と実感。

つらつらと旅程を書いてみます(写真も載せたいんですが、デジカメからPCに転送するやり方がわからず、やっぱり後日UPの予定…)
平安神宮、錦通り、清水寺、金閣寺、嵯峨・嵐山のトロッコ列車乗車、というのを最低限こなそう、ということで旅程を決めました。

以下、長々と(旅行代金分しっかりと?!っていうか東京から広島に新幹線で往復するほどの値段です…)書いてみました↓
続きを読む

尾道へお花見

またこれもちょっと前のことなのですが、4/5(土曜)に、尾道へお花見と称して鈍行で行ってきました。JR尾道駅から徒歩で千光寺公園へ。
今回、初めに「行く」と決めていた場所は尾道ラーメンの「朱華園」、千光寺公園、ロープウェイ乗り場近くのワッフルのお店「茶房こもん」。あとはガイドブックもほとんど見ず(恥)とりあえず歩いてみて見つかったところに入ってみよう、という感じで行きました。ほとんど花より団子な旅行(笑)

本当、無計画…とりあえず千光寺に向かう道程や、千光寺に続く階段?歩けばいろいろあるだろう、という気持ちで…すごく気軽な気持ちで。

尾道に到着したのが10:30ちょっと前。まずはラーメン屋さん「朱華園」へ向かうことに。その道中、商店街を通り、「工房おのみち帆布」店で寄り道。その店、有名な俳優さんやタレントさんが来店しているみたいで、写真が何枚か飾ってありました。
朝早かったからか、開店前のお店もあったりで、人通りは少なかった。商店街の隣の道は海岸通り。尾道って造船所があるし、海の町。海が見える街っていいな、と思う。
「朱華園」に到着したのが11時ちょっと過ぎ。この店、なんと「行列のできるラーメン屋さん」なのです。開店間もないのに、10メートル?くらいの行列ができてる。正直、「行列のできるラーメン屋さん」はCMとかで聞いたことがあるだけで、実際にその行列を見たのは初めてだった(多分30分は待ったと思う)。ぎょうざとチャーシュー麺を食べたんですが、本当においしかったです。行列になるラーメン屋さんが尾道には他にもいろいろありました。(ちなみにこのお店、帰りの午後に通りかかった時も行列になってた)

千光寺公園のロープウェイに着いたのが12時少し過ぎだったのですが、お花見客でまたここも行列(苦笑)。上り坂ですが、「千光寺新道」を通って上まで登ることに。

至るところに桜、桜、桜。お花見客もたくさんいらっしゃり、出来上がってるグループもあり!?
思えば本当にこの日は桜日和で晴れていて、満開にほぼ近い感じでした(満開ではなかったけど、どこもかしこも桜が咲いてた、本当に)
千光寺に続く階段を登りながらすでにお花見?でした。なかなかよろしかったです笑い
初めてお花見小旅行?をしたのですが、千光寺は本当に桜の名所だと思います。

まずは「おのみち 文学の館」へ。文学記念堂に初めに入ったのですが、私は文学が得意でなく、正直知らない人物ばかり…林芙美子、高垣眸の「怪傑黒頭巾」など、実は聞いたことのある文学者や本があった。ここに入る前と入った後では、かなり自分の気持ちが変わった。こういった人達って高校の頃に暗記するだけの人物だったりして、本は実際に読んでなかったのだけど、その人たちの生い立ちや作品を知れたのはよかった。で、もちろん尾道に関係する人達ばかりで、こんなところで尾道とかかわりがあったのね~みたいなのもあった。なかなかよかったです。

坂道登って千光寺到着。久々にお寺の「お香」の香りを嗅ぎました。やはりお寺といえばお香なのかな…お寺に来たーvvと思ってしまった。
花見客でいっぱいで、お寺に参る、というのはちょっと難しかった。一応線香を立てたり、おみくじを買ったりはしたものの、他の参拝客が空くのを待ってちょっと空いたらそこに入って、という感じ。人が多かった。

で、お寺からの景色を一望したあと、お寺の奥にある売店にてまた休憩?!いろんな味のソフトクリームが売られていて、千光寺の桜にちなんでなんと「桜味」のソフトクリームもあり、それを食べました。一緒に行った子は「みかんソフト」を食べてました。いっぱい種類があって結構面白かった。

ソフトクリームを食べたあとは「猿山」を見物。おサルさんがいるんです(その名のとおり?!「猿」が動物園みたいに見学できる)実は知らなかったので、おサルさんに会えてちょっと得した気分??

あと、これも元々行く予定はなかったのですが「尾道市立美術館」へ行ってきました。ここで、スタンプラリー?のようなものがあって、絵画の中にある動物を見つけてスタンプを押すんですが…美術館っていうものに行き慣れてないのか、よくわからなかった(苦笑)一緒に行った子はどんどんスタンプを押して行って、全て埋めちゃってました拍手
(注:スタンプ押したからといってその場で景品が出るわけでなく、特典は何かあったけど、そのためには決められた日にまた美術館へ行かなきゃいけなかかったんだけど)
美術鑑賞、なかなか浸れました。よかったです。

美術館見た後は、ロープウェイに乗って下り、最後にロープウェイ近くにあるワッフルのお店「茶房こもん」へ。
ワッフル、500円程度で食べられてお手頃。ボリュームも結構ありました。

ワッフルのあとは、帰途の道へ。行きは商店街を歩いたので、帰りは海側の「海岸通り」を通って帰りました。

旅程をダーっとあらすじのように書き並べてしまいましたが、初夏が来る前に書いておこうと長々と書いてしまいました星!?


最後まで読んでくださった方、根気を持って読んでくださった方、ありがとうございます鐘
写真、載せようと思っているんですが、またこれは後ほどUPしようかと思ってます(いつになるかは…時間のある時にしようか、と??)

無事、帰還。

この連休に従兄弟の結婚式があり、東京へ一泊二日で行って来ました。

従兄弟は3つ年上のお兄ちゃんなんですが、昔遊んでもらって、優しかったなぁとか思い出してしまい、挙式ではお兄ちゃんの顔をじっと見れなかった…
お嫁さんはずっと終始笑顔で、すごく素敵な方でした。あんな笑顔、そして幸せそうな笑顔、私には今(いや以前から?)全くない…(泣)

5af2a6b2.jpg
(結婚式の料理の写真のみ載せてみました2007/11/1追加)

幸せそうだったし、集まってる人も幼馴染から会社の部長まで、今の人から昔の人までいて、大きな結婚式でした。花嫁さんは、藤原紀香さんのような少しクリーム色がかったウェディングドレスを着てて、今、はやりなのかな。。。キレイでしたよ~お色直しをせず、ウェディングドレスのみの披露宴でした。
花嫁さんっがとにかく笑顔っていうのが印象に残りました。やっぱ笑顔っていいなぁ。。。お兄ちゃんも幸せそう。末永くお幸せに、いつか広島へ遊びに来てくださいね鐘


そして。披露宴の翌日、帰りの新幹線まで時間があったので浅草へ行ってきました。とはいえ、祖母との旅行なのでタクシーで。
まあ、人がとにかく多かった。で、さすが東京観光名所とだけあって、旅行者の国籍も様々、いろんな言語が飛び交ってた(日本語でもいろんな方言が飛び交ってて結構面白かった。うちは広島弁だし。。。)


浅草寺でお守りも買いました。cb30e90c.jpg

「金龍山 浅草寺」と書かれていて「縁結び」のお守りを…買いました(恥)
前日の結婚式にあやかってお守り買ったら。。。などと祖母と話しながら買ってしまったんですが。
浅草寺の巫女さん?というかお守り販売している人が「これは○のご利益がありますよ」とか丁寧に説明してくださって、乗せられて買っちゃったような部分もあったんですけど。。。お寺に参るとどうしても何かお守り買ってしまう。家に帰るといろんな神様のお守りがあるのに(苦笑)


浅草寺を参ってからは新幹線の時間(15時頃)まで軽食屋さんでゆっくりして新幹線で帰りました。


いろいろあったんですが、無事、家族揃って戻ってくることができました。というのは、やはり東京へ祖母も一緒に行く、ということだし、家族も東京のことで詳しい人がいないので(私も東京は数回した行ったことはあるけど、地下鉄はまず乗る自信がなかった、という状況…)一応父メイン、私が補佐、みたいな感じで行動した感じで、少し神経ピリピリさせながらの東京旅行でした(苦笑)

残念ながら行きも帰りも新幹線から富士山を見ることができませんでした。おばあちゃんは一番楽しみにしていたんで本当残念だった。なので、以前私が携帯で撮った富士山(母と熱海に行った時に見た富士山です)を見せましたが…生で見られなかったのは残念だったな。。。

結婚式、本当行けてよかったです。そして無事帰ってこれて、本当によかった(本当、これは本音)
ちょっと旅の疲れ(新幹線での往復で、ちょっとした団体旅行みたいな感じだったので)の方があるんですが、うん、やっぱ無事帰ってこれてよかった、な気持ちが今大半です。。。

さて。今日から仕事でした。今週は4日だけの出勤ですが、頑張ります力こぶ

手相の話です

e70cdb87.jpg
今日は思い出話を一つ。
(※2007/10/29中華街の写真を追加)

先月初めに同僚3人と夏休みに旅行した時のことです。
横浜中華街に行ったのですが、その時、実は「手相占い」をしたのです。あと、足ツボマッサージ。横浜中華街と言えば「中華料理」「おいしいもの食べ放題!」「食べ歩き♪」となるけれど、食べるだけじゃ面白くなかろう、といろいろ探したものがこの二つでした(一応、旅行前に調べた。場所は行ったらわかるだろう、とあんまり調べてなかったけど、歩いてたらすぐ見つかりました)というか中華街に行くまでに昼間は鎌倉散策で歩き疲れていたので、リラックスする目的もありました。


e66376b6.jpg
で、足ツボマッサージで30分プラス5分(本当は30分だけどその時サービスで5分延長)で、疲れ果てた足に生気を吹き込んでもらいました。中国式、という風に看板に書かれていましたが、やってくれたのは「日本人」だった(笑)しかも仕事帰りのサラリーマンがよく通うお店だったようなので、普通に「よく来られてますか?」などと言われてしまった。旅行者なのですが…
結構痛かったけど、痛気持ちいいみたいな感じでした。足のツボでどこが悪いか分かるようで、普通は「胃腸関係が弱ってますね」とか言われるようですが、私は「足がむくんでますね」と言われました。何しろふくらはぎはブットイですから~残念~!

その後、足ツボマッサージのお店の近くにある、手相の館を発見。中華街は手相を見る占い師が中華街の道中に机を構えて虫眼鏡を持って座っていて、たくさんいるのですが、あえて「建物の中にいる手相師」を選んで見てもらいました。中華街、机を外で構えてい手相師さんがたくさんいるんです。テレビに出てる人もいるらしくて、看板に「○局の○番組で出演!!」とか書いてる人もいたけど(私は占い師といえば細木数子くらいしかわからないので、誰かよくわからんかったが)

で。3人で手相の建物の中に入りました。建物といっても6畳より少し広めのスペース。所狭しと(失礼だが)4つ机を構えていて、それぞれの机に手相師さんが座って虫眼鏡とボールペンを置いています。机と机は20センチ離れているかどうか、という感じ。「どうぞ」と言われて3人それぞれの人の前に座りました。d322089f.jpg


机同士が近く、しかも3人で同時に始めたので、隣の手相師さんの声で自分の手相見てくれてる手相師さんの声が混じっててちょっと聞こえにくい部分があったのですが、一生懸命耳を近づけて聞きました。

以下、手相の話↓
ご興味があれば長いですがどうぞ。 続きを読む
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ