1月行く、2月逃げる、3月去る、とは言いますが、過ぎてしまうと早い…
もう今年も4月。桜の季節です。
今日は、春のお彼岸でご先祖様のお墓参りに行きました。
墓参りのたびに地元の人たちにばったり出会うので(笑)
気恥ずかしいような、懐かしいような、そんな気持ちになる日でした。

久しぶりにDVDレンタルをし、先日に日本アカデミー賞を取った「舟を編む」を鑑賞。
内容を見て、「ああ、だから『舟を編む』なのか」と納得。
辞書作りってこんなに奥深いの?!というのもまた面白かったです。
あと、仕事の達成感っていうところは、妙に共感しました。
何十年も費やして、一つの辞書を作るのに
完成後も、またさらに新しい言葉を常に見つけて改訂を重ねていくから
半永久的に続く仕事になるんだな、と思いました。

言葉は時代と共に変わって行き、それによって言葉の意味も変わって行く。
時代とともに、死んでいく言葉もあれば、生まれる言葉もある、
というのが、なるほど、と思いました。

言葉で相手にちゃんと伝えるって本当に大事なことなんだなーと思う。
何気なく使っている言葉が正確なのか、辞書で調べたくなってしまった私です。

本をまだ読んでないので、また改めて読んでみようと思っています。

そんなこの頃でした。