今年は9月からカープが絶好調!と思ったらCS進出、阪神にストレート勝ちしてファイナル進出、そしてさすがの強い巨人にストレート負け…という、怒涛の1か月でした(笑)今から日本シリーズが始まりますが、仕方なく、パ・リーグを応援することにします(楽天の小豆色のユニフォームが赤のカープファンからして親近感があるため?!)。ふと、今年ももう残り2か月。大きなお祭りが終わったような、寂しい気持ちになるほどに、今年は野球に燃えてしまっていました。

という状況で、今年はかなりインドアで、家で野球観戦していた私だったんですが、先週、かなり久しぶりにイベントとなるものにお出かけしました。
10/20に宮島で「お砂焼祭り」があり、ちょっとしたきっかけで行ってきました。宮島口駅周辺の狭いスペースでのイベントだったんですが、毎年やっているみたいで、私は初めて知りました。
音楽の演奏もあり、三味線、ハープと二胡の演奏、南京玉すだれとか、すごく素朴な感じはしたんですが、面白かったです。けん玉もあり、私も挑戦してみました(全然できなかったけど)。

地元のお祭りも今月にあり、山車と神輿を引っ張る人数と盛り上がりは昔と変わらずな感じでした。見物客とか屋台がだんだん昔より減ったのは寂しいんですが、お祭りは昔とあまり変わってないなーと思う。
地元離れた人がお祭りに来ると、懐かしいと思うみたいで、それもなんか分かるなーなんてちょっと感慨深くなりました。

そんな10月でした。