最近、読んだ本

「辞めない理由  蒼野圭 著」

雑誌の副編集長で、小学生の女の子を育てながら働く、旦那さんと共働きのワーキングマザーが主役。
自分が何気なく買ってる雑誌が、どんな風に企画を決めて作られているのかわかるのも面白かった。どんな読者層をターゲットにし広告や映画情報、企画テーマを掲載するのか、とか。今回は働くお母さんが、立場が女性であり、出産、子育てしていることで左遷され、新しく配属された部署で、自分の境遇「ワーキングマザー」をテーマにした雑誌の企画を立ち上げていく話。

自分、これ読んで正直、共感した。実際に職場や身近に「働くお母さん」はいるけれど、独身時代に先端を走って働いていた人が、産休後に復帰したらどうしても勤務時間が減ってしまい、実力があんなにあるのに時間の制約で仕事の量も限られてしまう。でも本人は仕事がしたい、子供も大切、というので、どういう生き方をしていくか、というのが投げかけられていて、面白かった。
私は今は結婚していない身で、子育てしながら仕事をする人、というだけで尊敬に値するんですが、今の時代も今後も、そういう人が少数派でもないのかもしれない、と思う。

あと余談ですがちょっとづつ重松清シリーズも読書中。
重松さんの本は、読むと気持ちが救われます。。。?!〈笑〉


野球野球、ワールドシリーズではヤンキース優勝、松井選手MVP、日本シリーズでは巨人優勝。。。と。どちらもしっかりとリアルタイムでテレビ中継を観戦していました(恥)

JAPANESEが国外のAMERICAでMVPってやっぱり凄いなーと本当に思った。甲子園でも、プロ野球でも、ヤンキースでも、どこに行っても松井選手は最大限の実力を発揮しているのが、本当に凄いと思う。

来季から日本に復帰かもしれない、とのことらしいんですが、彼は、どの環境においても頑張れる選手のような気がして、若輩者の私ですが心より今後も活躍を応援したいと思いました。

で、原巨人日本一。試合終了時のガッツポーズって感動してしまう。

ここ最近、またまた暗い話題が増えているけれど、スポーツニュースで勇気付けられた私でした。
来年はカープも頑張って(笑〉!!