って…タイトルからしてどうしたんだ、私?ってな感じで失礼します(笑)

BSで「クレイマー、クレイマー」→をやっていて親が録画してくれていたので、休日の今日、観ました。今、BSでアカデミー賞受賞作品の特集をやってて、平日は見れないんで、録画してもらっていました。

旦那さんは会社ではやり手で仕事が超多忙、奥さんは子供を愛しているけれど、自分の時間が持てず生き方に疑問を感じ、子供を家において家出をしてしまう。この奥さん役はメリル・ストリープ、旦那さんはダスティン・ホフマン。
ダスティンホフマンがなんとも目の保養になり!?あの笑顔にやられましたロケットホフマンさんは今やもう70過ぎの俳優さんなんですが、この映画に出てる時は40過ぎくらい。(恥)

子供がまたかわいくてラブ感情移入してしまいました。仕事は生活のために必要だけど、子供が家にいる、育てるっていう義務を負ってる人は子供が何よりも第一に考えるよなぁ…とか今の自分にはないいろんなことを感じてしまった。父親が子供と2人で暮らすっていう時間をいきなり与えられて、最初は戸惑いがあったけれど、父親であっても母親であっても子供を思う気持ちって同じなんだと思った。

あとこの映画で流れる挿入曲がマンドリンで演奏されているんです。以前、さんまと関根勤のコントでも流れてた曲(「明石家マンション物語」のコントで)。
ちなみに、「クレイマー、クレイマー」は英語のタイトルではKramer vs. Kramer(クレイマー夫婦の戦い?みたいな意味??)。不平や不満をつけるclaimerのことだと思ってました(苦笑)
なかなか、よかったです、本当。結末がどうなるのか、濁したまま終わったような感じでしたが感動しました。

もう一つ。先日「カフーを待ちわびて」→を観てきました。本で以前読んでて、沖縄をテーマにした物語。やっぱり沖縄って海がキレイだと思う。
主人公の名前が「友寄明青(ともよせあきお)」で、この美しすぎる名前に初めびっくりしたのですが(笑?!)この役がまたまた男前な玉山鉄二さんで…沖縄の景色をバックに玉山さんを観て、目の保養になったのでした(恥)


仕事の疲れがこの頃たまってたんですが(苦笑)映画の俳優さんに目を潤していただき、視力アップに貢献してもらえました。冗談でも言ってないとやってられません(笑)とりあえずこの土日はゆっくり休んで、また月曜から頑張ります力こぶ