猫とドライブ」みたいな題名ですが、「父とドライブ」です。
先週から運転の練習を始めています。いろいろあって車を中古で譲り受け、それで練習しているのです。

先月、免許とったばかりの頃に原付の練習をしたのですが、初日に実は…アクセルとブレーキを間違えてしまい、スピードが出すぎて壁にぶつかりそうになって原付から飛び降り、右腕と膝にアザを作ってしてしまったのです、私(恥)。
そして親に
「お前は信用ならん怒り教習所で苦戦したのがよく分かる。原付は絶対に運転させん!」
と叱られてしまいまして…父の指導の下で、そして父の目の前でこけてアザだらけになったので、父は「申し訳ない、俺の教え方が悪かった」と謝られてしまったのですが、私も自信をさらになくしたのでした(しかし、その翌週の日曜日、しかも日没後に懲りずに練習に出かけたのですが、その時はカーブを曲がったりできました。しかし、信用されなかった)

そんな私が車を運転するのですから、父は原付で私がどれだけ不器用か思い知らされたようで、運転させるのもすごく不安だったようです(正直、親よりも私の方が不安だったけどね)

「大丈夫か?アクセルとブレーキ間違えるなよ!」
と言われて父との自動車教習始まり。
原付での大失態に比べ、車は思ったよりも楽に運転できました。
コース?は、私の住んでいる場所は海が近いので早速「海を横目に」ドライブ(っていうか父と特訓)でした。
そして、父とは普段家であまり話さないのですが、車の中だとなぜかすごく話が弾み、結構楽しかったドキドキ小話の内容は運転のことばかりで、自動車学校の先生と話している感じ?先生よりは身内だからリラックスできたかもしれません。やっぱり他人に習うのだから、人見知りの私には結構緊張してばかりな部分が多かったので…落ち込み
でも、運転しながら自動車学校の先生とまるで同じことを父が言うので、自分の悪いところを復習できた感じでした。

1ヶ月ぶりとはいえ、結構運転できました。帰りは国道を走って、ちゃんと法定速度を守りましたよ、何しろ初心者マークですから初心者
で、近くに初心者マークの車がいると「あ、仲間だドキドキ小」とか思ってホッとしてしまう。だって、周りの車って初心者ってだけでイライラしてるっぽいし、追い抜かれるので。後続車がいる時、バックミラーで運転してる人の顔が見えるじゃないですか、父に
「あの人、イライラしてるっぽい。わ~ん、ヤダヤダ」
などとバカげたことを私が言うと
「気にしすぎなんだよ。お前はそういう余計なことばかり考えてんのか。いらんことは運転中考えるな。初心者は迷惑かけて当たり前なんだから、心の中で『ごめんなさい』と思っとけばいい」
と言われてしまいました。本当、自動車学校の先生にかつて言われたこととまるで同じことを言われている私です。っていうか、私の性格ってのは誰にでもわかりやすい性格なんだろうかな…思えばどこにいっても私の印象っていうのは同じことを言われている気がする。いいことなのか、どこいってもマイペースってことでしょうか…??

最初の父の自動車教習は無事(けがも無く)修了。そしてちょこちょこと車を乗る機会がある度に父の代わりに運転しています。車庫入れも父がいればできました。

ドライブってすごく楽しいです。自動車学校の学科の授業が自分にとってかなり怖かったし(ちなみに周りの人は学科の授業で私ほど怖がってはいませんでした…)先生達も「常にサイアクな事態を想定しながら運転してね」と言ってたし、学ぶことで精一杯だったので楽しむなんて考えも及ばなかったです…
父という教官と自動車学校の教官の違いかもしれません。
ちょっとづつ運転の楽しさを感じています。

忘れちゃいけないのは「安全運転
免許取ったとき、周りの人に「おめでとうクラッカー」とも言われたけれど
安全運転でね車
とも言われました。運転免許って取れても素直に喜べず、自分自身、すごく複雑な気持ちだったんですよね。嬉しかったけど、怖い、一人じゃ運転できない、とか最悪な事態ばかり考えてしまっていました。

慣れたら本当にいろんなところへドライブしたいです。うん、ちょっとしたくなってます。1人立ちはまだまだ時間がかかりそうですが(特に私は不器用で運動音痴なので)まずは父から信用されるよう、頑張ります力こぶ