ふと、今の仕事が4年間も続いていることに気付きました。4年間、すごくいろいろあって毎年毎年状況が変わっていたのでそんなになるなんて、とすごくびっくり!仕事1年目、2年目はとにかく仕事も人間関係も慣れなくて、悩んでばかり、愚痴ってばかりだったので。3年目になって仕事が暇になってきて、気持ちにもゆとりができたように思います。人間関係も慣れ、会社に行きやすくなった頃でした(多分、余程自分が会社に慣れなかっただけで、普通は1年目で軌道に乗る人が多いと思います…)。

大学4年間通ったのと同じ時間を終えるんだな…はぁ(溜息=3)。

ふと、就職って「結婚」と同じだ、と就職活動時代にどっかの就職雑誌とかに書いてあったのを思い出します。今になってすごくその意味が分かる気がしたんです。なんていうか、「お見合い結婚」のような。

会社や職場を選ぶ時に、雰囲気、人間関係、仕事内容とか、自分に合う会社を探し応募。そして就職試験の時に「お見合い」して、会社側もその人を選ぶ。一次試験、二次試験などを経て、採用されたらとりあえず「婚約」、自分でその会社に入社を決め、入社式を迎えたら「結婚」みたいな気がふとしたんです。

というのは、仕事って何年も同じ同僚と一緒に同じ仕事(内容は変わるかもしれないけど、私の仕事の作業はほぼ同じです)をするでしょ、人事異動とかない限り同じ職場で定年まで働くじゃないですか。定年退職者、新入社員などの入れ替わりによる変動があるくらいで、そこで多少職場の雰囲気が変わることもありますが。同期なんて定年まで働くとなれば30年以上もの長い付き合いになります。年輩の50代、60代の先輩方はそういった付き合いの人がたくさんいるわけで。

そう思うと5年目なんてまだまだひよっ子なんだけど、本当、入社して定年まで働くってそういうことなんですよね。だから、就職が結婚に似てるな、と思ったんです。実際、今のご時世になると定年後も再雇用されて働く人がいっぱいいて、定年退職する人は減っていますけどね。うちの会社はそういう人が多いです。会社もその人を必要としていますし。

と、ちょっと思ったことを今日は書いてみました。なんかめちゃめちゃ真面目な事?書いてしまったかも…

あと。秋篠宮妃殿下がご懐妊との朗報。字数がないのでとりあえず書き留めてみました。