私は9月から来年の1月末まで横浜へ仕事で出張の予定で、その間に親が「横浜に行きたい」と言っていたのです。それで出張期間中に親に横浜に遊びに来てもらう予定だったのだけど、期間短縮になり11月中旬には実家に戻ることになってしまったのです。その結果、滞在中に親に遊びに来てもらうことはできなくなてしまいました。

でも、親は鎌倉で紅葉を12月頃見に行きたい、と言っており、12月には「熱海花火大会」があったので、12月4日に熱海へ親と旅行することを決定。その時母の兄弟も一緒に横浜に来ることになっていたので、おばさん2人と母、私の4人で熱海へ。私と親は地元広島から熱海へ向かうことになりました。おばさんは愛知、奈良なので新幹線で途中の駅から合流しました。

私も熱海へ行くのはすごく憧れだったので実現したのがすごく嬉しかったです。また熱海は母の両親、つまり私の祖父母の新婚旅行地だったそうで、改めてここに来れてよかった、と思えました。

熱海に着いてから伊東線に乗って来宮へ。伊東線の電車は普通のJRなのに観光列車みたいで景色が見られるような席になっているのです。たった一駅で140円でしたがなんとなく贅沢気分を味わえました。
  89df32c6.jpg
 


                 
←梅園の滝。とてもキレイでしょ。
着いたら雨がちらついていたのですが紅葉を見に熱海梅園へ。
梅園はその名のとおり梅で有名な観光名所なのですが紅葉もきれいなのです。四季折々の景色を楽しめるところのよう。
なんというか滝がたくさんあって、キレイなところだな、と感じました。紅葉は確かに赤かったのですが、今の時期になると枯れてるものも多少あったり。でも写真では載せられませんが真っ赤できれいでした。


次は熱海観光地、起雲閣へ。ここは熱海三大別荘と言われた名邸。その後旅館に生まれ変り、過去に有名芸能人(薬師丸ひろ子、江守徹、他多数)や三島由紀夫、太宰治などの文豪が多く泊まりに来ている高級旅館だそう。庭園がとてもキレイで、日本、中国、欧州の装飾、様式を融合させた独特な建築物です。

6c3f0a59.jpg
  
 ←建物の中から撮った起雲閣庭園。この日は雨が降っていてしかもこの時間が夕方4時ごろだったため少し暗いですが景色がとてもキレイでした。
観光に来た方には庭園に出て写真を撮る方も多くいました。

ここの庭園が旅館から観光地になったのは2000年だそう。観光名所としては歴史が浅いのですが建築物としては古いのでレトロな雰囲気なんです。見物していたら70代くらいの係員さんが飾ってある椅子のほうへ手招きして

「さあさあどうぞ。ご説明いたしますので座ってください」

と言ってくださったのが温かかったです。本当に丁寧に案内してもらえる素敵な観光地でした。

私達はかなりゆっくりとそこで見学をして、見学終わってからは建物内の喫茶店へ。私はオレンジジャムを入れて飲む紅茶を頼みました。なんとなくリッチな気分を味わえた時間でした。

次はメインの熱海花火大会へ。12月の寒い時期、花火をどこで見ようか、と悩み
「外は寒いよね」
ということでどこか建物の中に入って花火を見ることにしました。
花火が始まるのは20時20分。起雲閣を出たのが17時。この空いた時間、どう過ごそうかと考えながら花火大会の行われるサンビーチへ向かいました。

行く途中で坪内逍遥の墓地である、海蔵寺を見つけ記念写真のみ撮りました。海蔵寺内部の見学はなしで(疲れててそんな元気なし…)

a537a6de.jpg
サンビーチに到着し「貫一・お宮の像」という金色夜叉で有名なあの像がありました。暗くてわかりにくいかもしれません…私は金色夜叉の話を読んだことがないのですが、叔母さんに聞くと結構悲しいお話みたい。せっかく像を見たのだからいつかこの本を読もうと思った次第です(いつになることやら…)。


サンビーチ周辺をさまよっていた私達4人組。お腹もすいてきてどこか喫茶店に入ろうか、と思いあるケーキ屋さんに入りました。で、うちの母が
「ここで花火は見られませんかね」
と言い出したのです。ちょっと、図々しいじゃないの、と思ったんですが、なんとそこの喫茶店では

熱海花火大会セット

がメニューにあり、コーヒー、ケーキセット付きで花火を見ながら飲食できるところだったのです(ケーキ、コーヒー付で1人1000円音符しかも個室っぽくて素敵な部屋でした)d44ed72d.jpg
母達姉妹3人は黒墨ロールケーキ、私はごまロールケーキをorder。


母、お手柄。私、叔母さん達も大喜びで、なんとか花火を見る場所を確保できました。その頃夕方18時過ぎ。喫茶店は後でまた来ることにして予約をし、別の場所で夕食を食べることにしました。そこの喫茶店のお兄さん、とても気の優しい人で熱海の飲食店の案内広告をくれました。本当に得しました!

ゆっくりと夕食した後、また先ほどの喫茶店へ戻りました。


642f86b1.jpg
←携帯の写真から撮ってるんで感動が伝わらないかな…

喫茶店でコーヒー、ケーキを優雅に戴きながら暖かい部屋で花火見物をしました。
なんか、これもリッチな気分。女性4人で贅沢気分満喫です。
そこのお店にあった「万華鏡」がまた面白くて花火が始まるまで万華鏡をくるくる回していました(笑)

おばちゃんも私もシャッターを押しっぱなしでした(笑)シャッター押すより黙って花火見たほうがよかったかも、と思っても後の祭り…面白かったです。

夏と違って寒いんですよね。夏の花火大会とは違いますし、地域による花火の違いもあります。
ただ、ガラス越しに見てしまったので多少感動が薄かったかもしれません。
今度冬の花火大会を見る機会があれば寒くても外で見たほうがいいかな、と思います。

熱海の花火大会、というのがあることに驚いたのですがこれも横浜出張があったからこそ。出張はいろいろ大変でしたが…こんなイベントが見つけられたという面では大変よかったです。

※追記
翌日は鎌倉へ行きました。お天気は晴れ太陽
母達と行った回数含めて鎌倉は4度目…私はもう鎌倉名人ですダンス認めるのは複雑な心境…寺は好きなんですよ。京都は寺だけど、鎌倉は大仏とか仏像が多い気がします。

a33d499d.jpg
藤沢駅でお土産に「鎌倉五郎本店」のドラ焼きを買って、藤沢から江ノ電で鎌倉大仏、長谷観音を見に行きました。江ノ電から見る海の景色は本当にテレビで見るものと全く同じ。12月でもサーファーがいます。雨の日でもサーファーはいるんですよね。それはびっくりしました。
鎌倉でも真っ赤な紅葉を見て、大仏様を見ました。何度目って4度目の大仏様拝観(笑)
写真は江ノ電から見た海です。もしかしたら地元の海の景色にも似ているかもしれません。冬にサーファーがいないだけ?!大波


2459342e.jpg
帰りは新幹線から富士山を見ました。行きでは叔母さんと話してばかりだったので富士山見てなかったんです。すごく感動!!新幹線からだったので、今度はガラス越しでないところから見たい、と思ったことでした。

鎌倉話も今さらながら追記してみました(06/5/1)