ひなたぼっこ

一日、一日の中で 幸せだと思えることを一つづつ増やせますように。。。

イギリス2日目(観光旅行編)

現地時間7時前には起床。夜は多少興奮していてベッドに入ったのは深夜1時過ぎだったのに、私ってすごい!って思ったほど早起き。朝6時には起床。だって今日はロンドン観光をするんだからラブ朝起きて、食堂に行くと席に案内された。家族経営のホテルだったようで、at homeな感じ。他のお客さんもいてその中で日本人は思えば私だけだった。パン、ヨーグルト、コーヒーが出てジャムと。ちょっと少ないなぁ、と感じたのだけど、イギリスらしい食事のように思って納得した私でした。

ロンドン観光の時間は15:05に特急に乗ってファームステイ先へ向かう時間を考慮しなきゃいけないんでかなり限られている。14:00には観光を終えて駅に向かわなきゃ。頭の中で計算していました。でもロンドン、憧れのイギリス、ロンドンに来た限りは短時間でもいいので生の景色を目に焼き付けたいと本当に思った。

出国前からどこを回ろうかとりあえずしぼっていたんでホテルの場所もやはり観光しやすい場所を選んだ。地下鉄の駅から近い、というのを最優先にしたし。

で、ファームステイ先に向かう特急列車の駅EustonまでEarl Courtからback groundで真っ先に向かい、手荷物をそこで預かってもらった。もちろん有料。でも観光したかったのでそんなことは気にしていなかった。

そして。手にはガイドブック、何しろ一人旅なんでしっかりしなきゃ、と意志を固めEustonからまずはWestminsterへ。直通で行ける。着いたのは午前9時過ぎ。地下鉄から降りるとかなりの人出だった。国会議事堂が目の前に見える。写真に撮ったんだけどすごかった。テムズ川が流れていて歩道があったので一人でゆっくり歩いた。本当に感動だった。一人で興奮していてふと共感してくれる人も欲しいな、と感じたり。でも一人だから自分だけの世界に浸れよかった。

そしてダイアナ妃の葬儀が行われたというウェストミンスター寺院の外観を拝観。でもこちらは木がたくさん生えていてあまり見えなかった。まあ行った、見てきた、ということでいいか、という感じだった。しかし、イギリスロンドン、どこを撮っても素人の私でもキレイな景色が撮れる。本当に素敵な景色だと心が感じた。まさに生のヨーロッパ文化満喫です。

そして。次はGreenParkへ向かった。目的はBuckingham Palace。衛兵の交代式が7月末までで11:30からあるのだ。時間はちょうどよし!計画どおりに事は進んでいる。そしてGreenParkからすぐ、のはずのPalace、なかなか行き着かない。現地の人に「Will you tell me how to go to Buckingham Palace?」と聞くと「Buckin Palace(バッキンガムを略してバッキンパレス、と聞こえる)?」と聞かれた。言い方にちょっと異文化を感じた。そしてショックなことになんと逆方向に歩いていたことを知らされる…

猛ダッシュでBuckin Palaceに向かった。途中でいかにも日本人ツアーという感じの人がいて日本語で話しかけまた道を教わった。そして。すごい人だかりを見つけた。Buckin Palace到着。45分頃だったんだけどきちんと見てきました。そして音楽が流れていてビートルズのYESTERDAYが流れていた。衛兵の交代式ではこんな音楽も流れるんだな、とちょっとびっくりしたのと親しみがあって嬉しかった。で、ビートルズはイギリス出身だったんだ、今さらながらに気付き驚いたことでした。

衛兵の交代式を見てからイギリスのマックで昼食をとった。なんでマックだったか、というと友達に「イギリスのご飯がまずい」とあらゆる知り合いに吹き込まれていたのです。だからマックなら大丈夫かな、と安全圏をとってしまった。今思うと冒険すべきだったんだろうけど時間もないし、しょうがなかったかも。

昼食後はヨーロッパの名画の宝庫National Galleryへ。Charing Cross駅までいったん戻る感じになった。そして到着は12:30頃。Eustonには14:30には向かわなきゃいけないんで時間との格闘をしつつ入った。もうその外観もすごいの。National Gelleryの前にあるTrafalgar Squareという大広場があるんだけど、色調が水色の大きな噴水がある。景色堪能するだけで感動だった。

そしてメインのNational Galleryへ。とても大きな美術館でゴッホのひまわりなど名画がたくさんあるにも関わらずなんと

入場無料

とても驚いた。中に入るとまあ4方向以上の分かれ道があってどこから見ようか、とにかく時間がないので絞って見学することにした。

まず、ゴッホのひまわり(sun flower)は見た。そして私がこの美術館を見て正直に感じたのは

生と死を描いた絵がとても多い

ということ。絵の題名は覚えていないんだけど、処刑されて首をはねられた絵、処刑を惜しむ人がバックにいるのにはねざるを得ない状況になっている絵、亡くなって青白くなった女性が真ん中に描かれ、周りの家族が大変惜しんでいる絵、赤ちゃんを授かった喜びの絵、家族が楽しそうにしている絵、キリストの処刑、受胎、新生児…恥ずかしい表現をすればとっても美しいものでした。

どの絵にも魂がこもっているというか、圧倒された。子供の絵がきれい。処刑の絵はグロテスクだったけど社会を映し出しているようだった。今の時代では考えられない女王の処刑もあった。私は美術館に頻繁に足を運ぶ人間ではないんだけど、素人でもしびれる絵ばかりだった。おそらく誰もが感じるんじゃないかな。私はうまく表現できないんでうまい表現方法があるならば教えて欲しいくらいだった。

しかし時間という制約があるので悔しいけれど途中できりあげた。ファームステイが終わってから最後にもう1日観光の予定なのでその時に来れたいいな。一日かけてゆっくり回りたいところだ。大英博物館にも行きたいと思う(航空券の日付が心配。そして…後日アクシデントは発覚)。

Eustonに到着しEuston-Shrewsburyの往復券を買った。向かう先はShrewsburyのステイ先。Crewで乗り換えがあるので緊張していた。そして。私はまぬけなことをしてしまったのだ。私が待っていた乗降口はFirstクラスで11ポンド余計に払うはめになってしまった。なんか席がキレイだな、と思っていたんだけど。ま、いい経験しました(笑)。

(2006/3/25公開

イギリス到着1日目

成田空港から出発。香港で乗り換えがあった。バスで東京に着いたのが離陸の2時間前だったんでかなり急いで荷物抱えて走った。成田への特急は指定席なんで席がうまっていたら乗れなかった。そして息きらしてチェックカウンターへ。そこで、ある間違いをその時気付かなかったのが今回の旅行でアクシデントが起こるきっかけになるんだけど。

飛行機に乗って搭乗券を改めて確認したところ、イギリス出国日が自分の申し込んだ日付より1日早い。私は7/31出国の予定だったのに、7/30にイギリス出国、香港乗換え、8/1に日本帰国。あれ31日はどうなってるの?いきなり混乱、不安が襲った。

まあ、どうにかなるのだろう、と思いお気楽な私は飛行機で空の旅を満喫することにした。しかし、どうにもならず実は航空会社の大ミスだったというのを知るのは後日のこと…

飛行機の中で私は機内食はとにかく「米を食べておこう」と決心していた。イギリスに着いたらおそらく米は食べれないだろう、と予測していた。「お米さん、さようなら」の心境で食べました。日本から香港は4時間、2時間の乗り換え時間を挟んで15時間かけて香港からイギリスへ飛んだ。エコノミーだったのでまったく眠れなかった。映画、音楽を同じものを何回も聴いていた。そういえば「瞳を閉じて」やらJ-POPの選曲が結構よかった。
長い長い空の旅でした。

イギリスに到着して親に早速連絡。イギリス、Heathrow空港到着は現地時間でPM10:00.日本は早朝の6時ごろ。親に電話すると「楽しんできなさい」と言われ心から親に感謝した。

イギリス到着が深夜だったので1日目はEarls CourtにあるホテルRamsees Hotel Londonに宿泊。これはインターネットで割安で泊まれる場所だったのだ。そして、アットホームな雰囲気のホテルで家族経営らしい。ホテルに向かうのに地下鉄のback groundに乗った。駅員さんに切符の買い方やらどの電車に乗るのか聞きまくった。「I want to go Earls Court(Rの発音を意識しながら)」と自分が行きたい、というのを伝えていた私。落ち着いて考えると「Will you tell me how to go toEarls Court?」だとふと思うのだが。

ホテルに到着してチェックインした後、イギリスに着いたのが嬉しくて深夜であるにも関わらず外へ出歩いてしまった(危ない)。文房具屋さん、パン屋が開いていてちょっと買い物をした。

そして。明日ファームステイ先に向かうのだけど、その前にイギリス観光をする。どこから回ろうか考えながらベッドに入ったことでした。

(2006/3/25公開

イギリス出発

明日から会社で1週間夏休み。実はイギリスへファームステイに行ってきます笑顔

今日仕事が終わったらそのまま夜行バスに乗って東京へ向かいます。親が荷物をバス停まで持ってきてくれる、というのでバス停まで見送りに来てくれた。母と一緒に外食もした。思えば母と二人で外食なんてかなり久々だった。今の状況で私が一人イギリスへ向かうというのは親不孝かもしれない、とちょっと思ったりしたけれど、両親二人とも私を「行ってらっしゃい」と快く見送ってくれたのですごく嬉しかった。ありがとう、そしてごめんなさい、でも十分に楽しんできます力こぶ

見送りありがとう。行ってきます国旗

(2006/3/25公開
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ