ひなたぼっこ

一日、一日の中で 幸せだと思えることを一つづつ増やせますように。。。

嬉しかったこと。

仕事始まってから今日までの三日間、全くお金を使わなかった。仕事中にジュースを買うこともなかったし、お菓子を休憩時間や、帰り道に買うこともなし。すごい!ちょっと誇らしかったり。三日間もお金使わなかったのはなかなかないのである。明日はマンドリンの新年会があるので出費があるんだけど、まあそれはいいとしよう。なんていうか交際費に関しては出し惜しまないようにしたいな、と思う。

しか~し!今月は出費を控えるをモットーに(というか年明けに私にしては遣い過ぎた)頑張るわ~

んで、嬉しかったこと、なんだけど。
小さい気遣いっていうのがすごく心ん中に残ることってあるじゃない。まあ、気を遣ってくれた人はそれを当然のこととしてやってくれたかもしれないんだけど。一番自分がしてほしいな、と思っていることをなぜかその人はわかってくれたのだ。別にその人に「してほしい」とお願いしたわけじゃないんだけど、素直に喜べるようなことをしてくれた。これってすごく難しい事だと思う。

気を遣われすぎて逆にすごく「迷惑」に感じることもあったりする。気遣いがあまりにも痛々しくて、気の毒に思うような気遣い。私もよく人に対して「痛々しい気遣い」をしているので、気を遣った相手に逆に気を遣われてしまい、挙句の果てには「無理しないでね」などと言われることもしばしば。私は気遣いに関しては失敗することが多い。

なんか嬉しかったなぁ。気を遣うって難しい。相手の求めていることと自分が相手にしてあげたいことがマッチしなければ気を遣う方も遣われる方も疲れてしまう。なかなか人に対しての気遣いはできないと思う。

ふっとこの頃そういうことを感じてしまった。…気を遣われることに素直に喜べる関係ってたくさんあるようでなかなかないように思ったりする。

アリスのプロフィール

自分に与えられた何かがあるならばとりあえず受け入れていけるようになりたいです。
出会いは人、モノ、場所のなんでも一つ一つ大切にしていきたいですね。(2004/12/11)

チューリップマイペースにゆっくりと、
自分のできる範囲で小さなことから頑張りたいです。
無理はしない、やったことが無駄になってもいいから何かやってみたら?
と自分の背中を押しながら生活中。
履歴書に書けない部分で人はどれだけ努力しているんだろう
と、この頃思います。

幸せが一つでも多く周りにも自分にも起こればいいなぁ。
幸せ探し真っ最中のアリスです。(2006/4/28追記)

イギリス4日目

おお、まだ明日もあるんだ。てっきり明日は日本へ帰国なのだとばかり思っていたらそうじゃないじゃん~でも旅行会社の不手際でI must return one day earlierでJuly 31stに日本帰国になってしまった。本当は8/1帰国予定で7/31はLondonを観光する予定だったのに…

でもかまわんわ。十分すぎるくらいに楽しんでいる。LondonでNational Gallerlyをもう一度見学したかったしPubにも行きたかったけど実際行けても中途半端のなるだけだったかも。もし行けるならばNext time if I got the chance to come England again.If I can come here again, I will travel by car around England (Shropshire, Avon Apon ,Cotswolds and ... )絶対また来たい!

では。今日の出来事を英語で頑張ってみます。

AM7:30
I got up. I ate breakfast with Lucy.The breakfast was bread and sireal.
After breakfast, I was taken to kennel and I feed dogs and cows milk with Pauline.
Having finished that, I squeeze cow's milk with Jim.

AM10:00
I went to Sheep show with Pauline by her driving car.
It took about two hours by car to arrive there so we talked very mauch in the car.
I talked Pauline about my homestay in canada, Shakespere literature, but I talked her almost my life style in Japan and my experience about my college life.

イギリス3日目

今日一日はI was exhausted very much.Because I had to learn many thing during this stay.な日だったんです。今日はfarm stay 一日目ということで英語で書いてみようと思います。


AM:6:30
Jim lend me a suit and boots(because it is cold outside and our crothes get dirty).
I squeeze milk from cows with Jim(He is pop).He tell me how to squeeze milk .Cows are very ferce and I was nearly kicked by them.Jim handed me 'Dip'.
This is liquid whose color is orange.He tell me 'Put this Dip.Look! you put this liquid on cow's breast(英語で何と言われたかちょっと忘れたんだけど、牛の胸にDipを付けてくれ、と言われた)
He looked me how I put Dip on cow's breast,and he said to me'That's right.'
There are more than 100 cows in the house(?牛小屋).

AM 7:00-8:00
And I phoned to Air line to confirm the date that I return to Japan. I told Pauline( mom)that my boarding pass was wrong date because the date was one day early .So I must confirm the date.Air line told me
'We confirm your flight schedule.I will call you tomorrow morining.'

AM8:00
Pauline took me to kennel.There are 8 dogs. And we feed dogs .They are very friendly and she said to me'They are very lovely'.I felt Pauline loved her 8dogs very mush.
And we feed calves and sheep .

AM10:00
Breakfast(serial,bread,and milk)
Jam which I had spread on the toast and serial was very delicious.So I decided to buy them(jam and serial) as souvenior to Japan.

AM:10:30
I went to church with Pauline. She took one dog and one puppy in the car. I met Jim's brother who is dog shop owner. Pauline bought some foods and collar for dogs.
After that,she brought to souvenior shop and I boughr some souvenior for my friends and family.

On our way to home, we found the dancing at an open space by accident. We stopped here to see the dancing. Pauline said to me`I mere see this dancing. It is very fun'
We enjoyed this dancing in a while.

PM:2:00
I ate lunch with Lucy and Pauline. The lunch was meat souce spaghettie.
After lunch, I was taken to hills by Lucy. And she took her dog.
I rode on Lucy's mountain bike . I fall on the ground twice because the road was very rough and it was veri difficult how to ride on that bike.
But I excited very very much!!

PM6:00
I was taken to the farm that host family runs. And I rode on the combine with Jim.
Jim drive this combine around the crops field (the crops is food for cows) and I could enjoy just looking rhw view of field. It was very fun to me.
And we talked with Jim about his cellular in the combine. He talked about the cellular to me .`it is difficult how to use this phone so I am taught by my children '

PM7:30
I ate dinner with Lucy and Pauline.
We talked about McDonald foods.

PM8:00
Lucy showd me Pauline's horse. Lucky and she rode on horse.
But I just looked that she rode on the horse.
I wish I could ridden on the horse ...落ち込み

PM10:00
I went to bed. I felt very exhausted. It was very hard day and full day for me today.

イギリス2日目(farmstay編)

そして。夕方18:32、Shrewsbury到着。大荷物を抱え列車を降りホームに行った。そこでステイ先のお母さんが迎えにきてくれることになっているのだ。お母さんのことは顔写真を見ていないし40歳後半、という年齢しか知らないが、私はステイ先に自分の顔写真と手紙を送っていたんで向こうが見つけてくれることを期待して待った。
こちらを見て歩いてくる女性を発見。私の名前を呼んでくれ

Nice to meet you!

とshake handsしながらごあいさつ。それからお母さんの運転する車でステイ先に向かった。車の中でお母さんとたくさん話をした。もちろん英語で。この頃あんまり英語を勉強してなかったにも関わらずずっとしゃべっていた気がする。しかも相手を笑わせましたよ、私。私も笑ったけどダンス

で農家なので絞りたての牛の牛乳を飲むらしいけど、私にはそれは濃い過ぎると言っていてガソリンスタンドで牛乳を買ってくれた(コンビニではなくてガソリンスタンドで食品を買うんよ。異文化でしょ)。でもお母さんは牛の乳は「Healhy」と言っていた。私もできればそのミルクをステイ中に飲みたい、と話した。

家に到着するとお父さんのJim,18歳の長男Mathew、16歳の長女Lucyが待っている。4人家族。そしてお土産を渡した。Mathewには蛍の絵が書いてある扇子、Lucyには京都風の風呂敷、ゴムをプレゼント。家族にはせんべいを渡した(せんべいは団扇型とか一応日本文化をイメージしたもので…)。初日はお土産についたくさん話した。あと、自分の仕事について。自分の仕事はどんなことをしているのか、という説明が苦手ですが頑張ってみました。正直、日本語で説明するのも難しいの。

What is your job?

に対して

Ship designer(船の設計、と言いたい…)

と答えました。
I drow pipe on the personal computer.(私はパソコン上に配管を描いている、といいたかった。日本語の説明でも難しい私の仕事…)
本当に…通じたんだろうか。
かなり驚かれて、反応があったものの、もちろん説明にはかなり頑張ったつもり。反応があっただけよかったことにしよう(どういう反応か不安だけど)。

自分の英語力のなさをつくづく感じたことでした走る

(2006/3/25公開
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ