ひなたぼっこ

一日、一日の中で 幸せだと思えることを一つづつ増やせますように。。。

ドラえもん小話2

ドラえもんの年末スペシャルで「結婚前夜」というのがあった。
当時入社3年目の私、のびた君の勇気、優しさについてメル友と語ったことがあったので、その内容を載せてみようと思います。

勉強も運動も何をやっても人並みに出来ないっていう駄目な男の子=のびたくん、でも彼は「優しさ」と「勇気」と「仲間を思いやる気持ち」はあの漫画の中に出てくるキャラクターの誰にも負けないくらい強い。っていうか、彼に勝てる人はあの漫画の中にはいないと思う。

のびたくんは「僕は人に対して優しくしよう」って心がけて人に親切にしてるんだけど、他人からは意地悪しか返って来ない。彼の優しい性格につけ込んで人は意地悪してくる。彼はすごく落ち込んでしまう。

「僕は人に親切にしてるだけなのに、どうして人からは意地悪しか返ってこないんだろ??」
「どうして正しい人が馬鹿を見るんだろう??」と。

で、のびたくん、
「そうか。悪人が得をする世の中なのなら、僕も悪人になってやる!」って誓う。

でも根が真面目なせいか、悪い事をしようと思っても出来くて、うまくいかない。
そこで彼はまた落ち込むのね。

「僕は正しい人にもなれないし、悪人にもなれない。結局僕はどちらにもなれない駄目な人間なんだ」
って泣いてしまう。
そこにドラえもんが来て、

「君はそれで良いんだよ。人間は自分に無理をして何かをやろうとしたって絶対うまくいくわけがないんだから。自分の出来る範囲で一生懸命やっていればそれで良いじゃない」
って言うの。

彼は何年か後の将来、幼馴染だった女の子と結婚するんだけど、その女の子が結婚前夜に「私はこのまま彼と結婚して良いのかしら」
って悩んで自分の父親に相談するとね、相談された父親は、

「彼を選んだ君の選択は正しかったと思うよ。
彼は人の幸せを願い、人の悲しみを一緒に悲しんであげる事の出来る青年だ。それが人間にとって一番大切な事なんだよ。彼ならきっと、君を幸せにしてくれる」


って言うの。その言葉で、彼女は迷わず彼と結婚するの。きっと彼は少年時代にひどい事されても、それからもずっと人に優しくし続けたんだろうね。

メル友は「ドラえもんのおかげで、すごく勇気が出ました。」
と書いていました。

私はこの映画を見たわけではないんだけど、メル友の書いてくれたお話だけで泣けてしまいました。20代超えた私なんだけど、今年30を迎える知り合いも「のびたの結婚前夜は泣けたよ」と言っていました。

この場面もやっぱり忘れたくないな、と思い、ここに書いておくことにしました。

ドラえもん小話1

入社1年目、2年入社が早い年下の先輩にいびられていたのです。でもそんなしょうもないことで会社辞めるなんて悔しい!と思っていた私。その時、「アニメ名言ベスト100」という番組が年末にあって、すごく心に残った言葉があったので書きます。

いじめてくるジャイアンに勝つためにのびたくんはいつもいつも「ドラえも~ん」と泣きすがってるでしょ。ある日、のびたくんは決心するのです。1人でジャイアンに立ち向かってやる、と。

しかし、ジャイアンは強いからのびたくんは何度向かっていってもジャイアンに殴り倒される。でも何度も何度も立ち向かっていくのびたくん…

ついにジャイアン、そんなのびたくんの姿に負けて
「お前の勝ちだ」と言って立ち去っていく。
ドラえもんはそわそわしながら見ていたんだけど、のびたくん、そこで。

「僕はジャイアンに勝ったんだ。僕はドラえもんの力を借りず
に初めて1人で勝ったんだ」


「のびたく~ん」
「ドラえも~ん」
二人が抱き合ってシーンが終わり。

当時、一人ぼっちだったので何がなんでも1人で頑張ってやろう、と決心していたのだけど、やっぱ寂しかったです。そんな私を支えたのはこののびたくんの強さと勇気でした。今、入社4年目になり、先輩にいびられたり変なイジメもなくなったのだけど、のびたくんのこの勇気、ドラえもんと抱き合った場面に感動した気持ちはいつの年齢になっても忘れたくないな、と思いここに書きました。

アンの青春(第二巻)

こちらの話はアンが1巻でクイーン学院を卒業してアヴォンリーの小学校にギルバートの気遣いを受けて赴任、という話から始まる。そこでやっかいな一人暮らしのハリソンさん、そして親戚が亡くなったドーラとデイビーという6歳の双子、隣人に40歳の独身者ミス・ラベンダーとの出会い、小学校での子供たちとの出会いなど、1巻より少し大人なアンに会える。
で、ハリソンさんは60代のおじさんで生活がだらしなく、周りには忌み嫌われているおじさんで、イヤミなオウム、ジンジャーと暮らしている。アンはそのオウムに「赤毛のあまっちょめ」と言われてしまい、ハリソンさんがいかにこのオウムに悪口を吹き込んでいるのかわかるのだ。そのハリソンさん、実は妻がいて周りは「独身者」だと思っていたし、本人もそう思っていたのに妻が出戻ってくるのだ。すると荒れたハリソンさんの生活は一気に小奇麗に。ハリソンさん、素敵な奥さんがいたなんて、と思った。
そしてドーラとデイビーの話。ドーラはいい子でおとなしいのだが、デイビーはいたずら好きでドーラにいたずらしては喜んでいる。デイビーはすごく愛される男の子なのだが、ある日、アンにいたずらを問いただされたところ「僕は絶対にいたずらしていない」と言う。しかし、実はデイビーがいたずらをしていたことが判明する。アンはその時、6歳のデイビーが嘘をついた、という事実にひどく失望するのだ。アンはデイビーに特に子供のしつけをしている。もちろんドーラに対してもしてるけど。子供に対する愛情を感じた。
小学校で教えている子供の中に「ポール・アービング」という想像力豊かの男の子との出会いがある。デイビーを叱る際によく「ポール・アービングはそんなことをしません」と言うのだが。そしてアンは「ミス・ラベンダー」という40代の独身女性に出会う。彼女は25歳の時に婚約していた男性がいるのだが何か原因で婚約破棄になってしまう。それから独身を貫いているのだが、40代なのに素敵なオールドミスなのだ。彼女はいつでも恋愛ができるような姿でシャーロッタ4世という14歳の女の子と生活をしている。それが実はポール・アービングのお父さんと25歳の時に婚約していて、それが破棄になっていたことが判明。ポールはお母さんを亡くしているがミス・ラベンダーに自分の母に近い感情を持つのだ。これはもう物語だからありえる話だと私は思うんだけどね。そしてお父さんとミス・ラベンダーは意気投合して結婚してしまうのだ!!ちょっと話がうまくいきすぎなんじゃないかって思うのよね…でもロマンスが成就するって素敵よね。このミス・ラベンダー(後にミセス・アービング)の話は私はすごく好き。
ギルバートはアンからそのロマンスを聞いた時、

「ミス・ラベンダーとアービングさんの結婚の話は美しいと思うよ。でもね、もしもぜんぜんはなればなれにならずに行き違いなどもなかったら…もし二人が手に手をたずさえ共に味わった思い出だけをあとに残しながら生涯を送ったとしたらそのほうがいっそう美しくはなかったろうか」

とアンに言うのだ。アンはその時、まさにbrush upしてしまう。ミス・ラベンダーはアービングさんと25の時に婚約していたのに破棄になって、アービングさんはその後別の女性と結婚する。子供を授かったが奥さんに立たれ、その後に再会して結婚になったのだ。それがもし、行き違いなどなかったら、とアンに言ったのだ。ギルバートにとってその相手はアンということを
指してるんだけど。このエピソードも私自身までbrush upしちゃったよ。

そんなアンの青春でした。ちょっと恋愛色が濃いくなったけど、私がそういう部分ばかりpick upしたせいかもしれない。3巻の方がよほど恋愛色が強くなるし。1巻のアンは一番純粋よね。だんだん恋愛の話になっていく過程を感じた2巻でした。

赤毛のアン(第一巻)

先週3/20から読み始めたんですが、先日読み終わりました。11歳のアンは想像力豊かで自分のコンプレックスさえも想像力によって前向きに考えていく。時にその想像力のせいでただの森を「お化けが出る森」と妄想しすぎていいことばかりでなくときに夜眠れなくなるほど追い詰めることもあるけれど。

アンが活発な明るい女の子なんだけど、実は孤児なのよね。それが別にかわいそうなことだとはまったく思えない。彼女の恵まれた環境というのは独身の兄弟、マリラ、マシューという暖かい家庭に入り込んだおかげなのかな。向学心も強くてライバルのギルバートに競争心むきだしにして張り合うアン。

アンが16歳になり、クイーン学院に入学して自分の進路を決める際に、彼女は優秀な成績をおさめたので大学に行くための奨学金を勝ち取った。彼女の得意とする英語学で他の誰よりも、そしてギルバートよりも優秀な成績をとった。アンはすごく喜んだけれど彼女の選んだ道は進学ではなくて学校の先生になることだった。なぜかというと、育ての親であるマリラは目の病気を持っているし、マシューは病気でなくなり、マリラ一人をアヴォンリーに残しておくことはできない、と思ったからだ。彼女のこの判断っていうのが私はすごく素敵だな、と思った。そしてギルバートはアヴォンリーの先生になることを決めていたんだけど、アンのためにアヴォンリーの小学校赴任を譲る。もうギルバートったら素敵よね。アンとギルバートはそれが確かなきっかけになって友達になっていく。

豊かな想像力で物事を考えるっていうのは素敵だと思う。でも現実的なこともしっかり考えていてアンは進学せずにマリラのため、マリラがに感謝しているから学校の先生になる。そうすればアンはマリラと一緒に生活することができるからだ。進学すればお金は奨学金があるけれど、マリラと離れた生活になってしまう。これが16歳の女の子なんだな、と思うと私(25歳)はどうかな、と反省した。ちょっと感想を書いてみました(読解力、文章力がないんでもう少しよく読んだほうがいいかもな)。

You are lucky, don't you think so?

昨日、夜に衛星で恋愛小説家をやっていた。チャンネルをコロコロ変えてるときに見つかったので、親に
「お前は映画のワンシーンだけでなんの映画かわかるのか」
と言われてしまった。いや~一回見た映画なら映画のワンシーン見たらそれがどの映画であるか、分かるもんじゃない?特に私はこの映画が好きなんで、もちろんわかりましたよ~

で、小説家のメルビンが相変わらずキャサリンに対して不器用なアプローチばかりしているところから見た。自分がどれだけ変人であるかを主張、相手に毒を吐いて好きな相手にさえも傷つける言葉しか吐けないメルビン。

メルビンを最初見るとたいてい彼のことを嫌いになると私は思う。私も「なんだい、あの神経質じじーは」と思う。だからそんな彼が人を好きになってちゃんと気持ちを告白して、最後には相手を気持ちよくさせる言葉を吐けるようになるってい
う過程をすごく応援したくなるの。あの変人じじーが最後には素敵な恋人になってしまうってのがなんとも素敵で。それで私もこの映画にはまっちゃったのだ。

大学1年の夏に一人で初めて映画を見に行った時に出会った映画だった。当時よりもさらにこの映画を好きになっているような気がする。

で、ちょっと素敵な言葉があったので書く。

メルビンがキャサリンに気持ちを伝えたいのにオドオドしている時に、同居人でありゲイのサイモンが彼にこう言う。

「Don't you think you are lucky? 」

と。メルビンは自分が変人であることを自覚しているのでキャサリンに会うのが不安でたまらない。するとサイモンは

「君は幸せ者なんだよ。そうは思わないかい?君は好きな人、愛する人がいるんだ。
それは本当に幸せなことなんだよ。」


と。ああ…サイモンよ、私は感動しちまったよ。すごく心に残ったさ。
人を好きになるっていうのは幸せなのだと本当に思う。恋すると人はすごいパワーを出せる(きゃ~素敵♪)。変人のメルビンはキャサリンにこう言いました。

「僕は君と出会ったことでまともな人間になろうと思った」

私は…メルビンが本当に大好き!
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ